ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ストライサンド効果 

 

One VoiceOne Voice
(1990/10/25)
Barbra Streisand

商品詳細を見る


「ストライサンド効果」という言葉があるのだそうだ。米国ではStreisand effectという言葉は一般的に使われ、浸透しているらしい。

このストライサンド効果の「ストライサンド」は、もちろんバーブラ・ストライサンドからきている。

映画スターや大物歌手、つまり有名人というものはプライベートというものは、あまり(全く)公にしないのが普通だ。自宅の住所なども一般の人(?)に知られないようにしている。

あるサイトで、偶然にマリブのバーブラの邸宅の航空写真が公開されてしまったことがあった。もともとこのサイトは海岸浸食調査が目的のサイトで、有名人のプライバシー公開が目的のものではなかった。実際に、とても地味なサイトであったらしい。しかしながら、バーブラ側は「反パパラッチ法」(そんなものがあるのか?)に違反するとして、写真の削除を求めた。それまでは、そのサイトを訪れた人はバーブラの弁護士を含め数人だったところ、バーブラ側の訴えが知られるところとなり、数十万の人がそのサイトに訪れるようになった。「バーブラの自宅?写真?見られるの?」という好奇心だったのだろう。

このことから「ストライサンド効果」という言葉が生まれた。

ある事実を隠蔽、隠そうとする行為によって、その事実が意に反して世の中に知れ渡ってしまう・・・という現象、またはその現象を意図的に狙うということを「ストライサンド効果」と呼ばれるようになった。

マリブにバーブラの自宅があるということは僕も知っていた。かなり昔のアルバムで「ワン・ヴォイス」というバーブラのアルバムがある。バーブラは、ある時期、ライブというものに興味を示さない時期があって、音楽表現といいうものは、その間はもっぱらレコードで・・・ということになっていた。この「ワン・ヴォイス」は約20年ぶりのライブを収録したもの。会場はマリブのバーブラの自宅の裏庭(!)で、その裏庭に各界のセレブ達、500人を集めて行われた。このコンサートは映像化されているので、バーブラの自宅の裏庭だけは一般の人々も見ることはできたわけだ。

さて、「ストライサンド効果」という言葉も一般的になった頃、なんとバーブラは自宅の一部(!)をネットで公開した。

「そんなに見たいの?知りたいの?じゃあ、見せてあげるわ・・・」

かなり親切な案内(?)をバーブラ自身が行ってくれる。一般のファンも、バーブラ邸の庭とメインハウスの一部(!)を見ることができるようになった。

見た感想・・・

以外と質素?簡素?

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: Barbra Streisand

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top