ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

表現者 

 

僕がバーブラ・ストライサンドに惹かれる理由は、まずは「歌が上手い」ということ。歌手なので、当たり前と言われればそうなのだけれど、たんに上手ということではなく、どこか「表現者」と感じられるところ。

この「表現者」というところは、歌手としてだけではなく、俳優、そしてプロデューサー、監督、作曲者、作詞家、脚本家として発揮されていて、この多方面にわたる才能発揮というものが、日本にはあまりいないタイプの表現者なのだと思う。人によって、バーブラは映画監督であったり、歌手であったり、女優であったりする・・・

バーブラは、バーウッド・フィルムという会社も設立しているわけで、会社の社長でもあるわけだ。そして家庭の主婦でもある。むろん、炊事、洗濯などはしてはいないような気はするが・・・

女優としてのバーブラで最も好きな作品が「ナッツ」という映画。初監督作品である「イエントル」以降、基本的には自分が主演する映画は自分で監督するバーブラだけれど、この映画は監督は他人に任せ、演技に集中したようにも思える。

高級娼婦という役柄にも驚いたけれど、基本的には裁判劇の映画だ。主人公が狂人なのか否か、裁判が進行するうちに、隠された真実が見えてくる・・・という内容だ。

ここでのバーブラは完全に女優という感じがする。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: Barbra Streisand

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top