ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

感動 

 

「なんだか自分の演奏って冴えないな」とか「ただ音符を並べているだけのような気がする」という場合、弾いている曲が難しすぎるという場合がある。弾くだけで精一杯という状態。この場合、シンプルな曲を弾いてみるといいと思う。でも不思議なことに、シンプルな曲を弾いても「なんだかなぁ・・・」と思うことが多い。この場合は、基本的な打鍵の方法など、ピアノの弾き方を先生に伝授してもらうといいと思う。

「先生、なんだか弾いているだけ・・・という気がするんです」

その時に先生が具体的な情報を与えてくれない場合、生徒は「なんだか冴えないな」という自分の演奏と一生付き合っていくことになるのではないかと思う。そして自分の中に「~弾きたい」とか「~表現したい」というイメージのようなサウンドがないと、情報だけ与えられても具現化することは難しいだろう。

自分で演奏が平坦で、なおかつ「本当はこのような感じで弾きたいのに」というイメージがある場合は、弾き方を教えてもらうといいのではないかと思う。表現が単調、もしくは表現が無い・・・という場合は、打鍵のスピードが一定すぎるということが考えられる。

まずは「弾く前の一瞬の準備」~「狙ってコントロール」~「理想サウンドと比較しながら修正」~「音のグラデーションの重なり」~「音の重なり・・・というよりは音と響きというサウンドに作り上げていく」・・・僕の場合はこんな感じだろうか?もちろん、まだまだ発展途上ではあるが。

よくハイフィンガー奏法の弊害ということが言われるが、具体的にこの奏法の何がマズイのか、先生に訊いてみるといいと思う。この奏法だとコントロールとか、コントロールを導き出すための打鍵の前の一瞬の準備というものが非常に困難になるのではないかと思う。理想音を狙うということが難しくなる。基本的に、打鍵スピードが一定すぎると、音の違い(ドとレの違いとかそのようなことではなく)を表現できないので、どうしても曲を外側から作っていくことになる。この場合、形式をなぞっているような演奏になってしまい、演奏者の心からの欲求とか、表現とか、そのようなことが具現化しにくい。

奏法に関することは、やはり直接、具体的に教えてもらわないと習得が難しいのではないかと思う。奏法の本もたくさんあるけれど、やはり文字だけでは伝わらない部分も多いような気がする。基本的には先生に伝授してもらうべきことのような気がするが、でも自分でできることもある。自分でやるべきこと・・・というか。

これは人前での演奏ということが絡んでくると思うけれど、特にアマチュアの場合は「自分がどう弾けるか」「どう弾けたか」ということだけで終わってしまうことが多い。ここに「もし自分の演奏を自分が聴衆として聴いたとしたら、どう感じるだろう?」という、少し自分の出来栄えというところから離れた視点が必要となってくると思う。どうしても「弾けた・弾けなかった」という自分都合の視点になりやすいけれど、「自分がどう弾けたか」ではなく「人がどう感じるか」という視点に移行してみるのだ。そして「これでは聴いている人が退屈だろう」のように自分の演奏を客観的に判断してみる。意外とこれは難しい。いつのまにか主観的になってしまい、「人がどう・・・」というよりも「ああ、自分はここが弾けない」となりがちなのだ。そうなると、「とにかく練習が足りないんだわ」となり、反復練習により、弾けなかったところは少しは弾けるようにはなってくるけれど、「自分の演奏ってただ弾いているだけのような気がする」という無限ループに陥ってしまう可能性がある。

もう一つ、自分でできること、というより、自分でしかできないことがあると思う。それは「感動する」ということ。どんなに奏法の知識があっても、伝えたい、表現したいという欲求がなければ、つまり中身が空っぽであれば、人には伝わらない。伝えたいものがないのだから・・・

基本的には、「感動」というものがあるからこそ、「自分でも~できるようになりたい」と思い、「その具体的方法は?」と進んでいくのが正しい順序なのだと思う。

「どうしたら感動できるのですか?」という質問そのものが成り立たないのは、それは自分で感じるべきものだからだと思うし、感動というものがなければ、そもそも「ピアノを弾きたい」という動機からも離れてしまうことになると思う。

一つだけ感じることは、ピアノの人は、ピアノばかり聴くという傾向にあることだ。ピアノ仲間でもそのような人は意外と多い。歌を聴いてみたらいいと個人的には感じる。ピアノも含め、どの楽器も「歌」というものを追って成立しているような気がするからだ。ただ漠然と聴いていてもいいのかもしれないが、「音を出す前の準備」とか「コントロール」とか「コントロールによる絶妙な効果」とか、ピアノの奏法に結びつくようなヒントが優れた歌手の歌唱には存在しているように僕は思う。

例えば、ラフマニノフのピアノ曲を弾く場合、ラフマニノフの歌曲を聴くといいと思う。歌の場合、凡庸な歌手と優れた歌手との差というものがピアニストよりも分かりやすいと思うので、優れた歌手の歌唱を聴いて、「コントロールの効果は?」とか「最高音をどのように処理して聴き手の注目を集めているのか?」とか「跳躍音程をどのように歌っているか?」など、ピアノと結びつけて聴いてみるといいと思う。ラフマニノフのピアノ曲は音も多いし、厚いし、どうしても「弾きこなしました!」的になりがち。譜読みも面倒だし。でも「歌」なんじゃないかなぁ、ピアノ曲も・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 4

△top

コメント

 

kazさま

またまたお邪魔します。
私も日頃漠然と考えているようなことをkazさまのブログを拝読するとちゃんと言葉になっていて「そうか!」ということが多いので、感心しきりです。

>ここに「もし自分の演奏を自分が聴衆として聴いたとしたら、どう感じるだろう?」という、少し自分の出来栄えというところから離れた視点が必要となってくると思う。
「人がどう感じるか」という視点に移行してみるのだ。そして「これでは聴いている人が退屈だろう」のように自分の演奏を客観的に判断してみる。意外とこれは難しい。

これ、私いつもやってます。
オススメの簡単疑似体験としては、練習の過程で録音してみて、聴衆として聴いてみること。聴きながら自分にレッスンする(ツッコむ)。いくらでも気づくことあると思います。
慣れてくると、録音しなくても弾きながら録音で聞いているような、自分に突っ込み入れられるような境地にたどり着きます。
メロディー一つでも素敵に、感動的にまとめるって案外大変です。ピアノはそれ×何十倍ものことをしなければならないので本当大変ですが、何事もはじめの一歩を丁寧に、集中して組み立てなくてはなりませんよね。

演奏するときは、人様の時間をいただいている、という意識で(観客が多くても少なくても、一人でも!)、自分の指が鍵盤に触れる瞬間から、最後の音の余韻が終わって指を鍵盤から離すまでの時間は、自分に与えていただいた、自分が空間を(時間までもを)デザインできる、特別な時間です。その時間を芸術的に仕立てなくては。

その時間、自分の耳も客席に置いておく(イメージですけどね)ことが必要です。自分の分身として耳を聴衆の一人にして(?)主観的・客観的な感覚を両方持って弾く。そんな努力は必ず実を結びます。
ピアノ弾きって、けなげですよね(笑)。

yuko #- | URL | 2014/11/04 10:23 | edit

yukoさま

演奏会も迫ってきていて、心理的に追い詰められているような感じですが、「自分の耳も客席に置いておく」ということを念頭に入れ、残された時間の練習に励みたいと思います。

クラシックの演奏会、むろんすべてではないですが、どうも演奏者と聴き手との心の交流とでもいうか、対話がないというか、そのあたりは以前から気になっていたところです。「クラシックって難しくてわからな~い」という人は、ここのところを指摘したりします。演奏者の格闘(?)、精進の様子を聴かされている・・・のような。

kaz #- | URL | 2014/11/04 11:24 | edit

本番でしたか。楽しんでください。kazさんでしたら交流・対話の時間紡げるのではないかという気がします。
聴いてくださる方と対話しようとすると大変なので、作曲家と対話して、そのひそやかな対話を傍観(傍聴)していただく、という意識でいかがでしょう。
以前の記事にあったエクエスタシーのくだり、なるほど!と思っていました。聴かれていることを意識しながら作曲家との親密な対話を紡ぐ、という時間を堂々と楽しんでください^^

yuko #- | URL | 2014/11/04 18:52 | edit

yukoさま

作曲家との対話・・・できたらいいですねぇ・・・

「自分だけ」で終わらないようにしたいと念じつつ、残された時間、練習していきたいです。ありがとうございました。

kaz #- | URL | 2014/11/06 03:28 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top