ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

先生が何も言ってくれない・・・その1 

 

実は今、女子高校生とメールのやりとりをしている。中年男と女子高生の怪しいやりとり・・・ではない。基本的にブログのメールフォームからのメールには返信しない(できない)のだが、中学生や高校生からのピアノに関するメールがあった時には(できるだけ)返事は書くことにしていて、その女子高生、仮にC子さんとすると、そのC子さんも僕のブログの熱心な(?)読者なのだそうだ。

C子さんの悩みは「先生が何も言ってくれない」というもの。むろん、先生はレッスンの間、無言でいるわけではない。むしろ、ダメ出しは多いのだそうだ。でもC子さんは「何も言ってくれない」と感じている。似たような悩みはサークルのピアノ仲間からも相談されたことがある。「先生・・・何も言ってくれないんだよねぇ・・・」と。

C子さんは、進学校に合格した。受験期もピアノは辞めずに続けてきたことになる。先生との関係も良好で、別に先生のことが嫌いなわけではない。小学生からずっと同じ先生に習っているのだそうだ。むろん、音大進学などはC子さんは考えてはいないが、もともと優秀なのだろう、ショパンのバラードやリストの「ため息」「森のささやき」あたりは発表会で弾いた経験を持つ。

ショパンのバラード?上級者じゃないか?

C子さんと、サークルのピアノ仲間には共通の悩みがあった。それは「簡単な曲が死にそうに下手」と自分で思っていることだ。身分不相応というか、難しい曲は、音符を弾きこなしただけでも、ある程度の達成感を味わうことができる。なので、どうしても難曲を弾いてしまうし、先生もむしろそのような曲を弾くことを勧めてくれる。でも思うのだそうだ。「簡単な曲が弾けない」と。

もちろん、難曲が弾けるのだから、簡単な曲も表面上は弾ける。でも「ただ弾いている」のような状態になってしまうのだそうだ。一応、強弱もつけているし、なんとなく「感情を込めて」弾いているつもりなのだそうだけど・・・

先生はダメ出しは多いのだそうだ。「もっと感情を込めて~」「そこは歌って~」のようなアドバイス・・・

自分でもそう思う・・・でも・・・

どうやったら「感情豊かに弾けるのだろう?」「私だって、こんな棒のような弾き方じゃなく歌うように弾いてみたい。言われなくても自分で分かっている。じゃあ、どうやったら先生の言うように弾けるの?」

先生の指摘(ダメ出し)は当たっている。自分でもそう思うもの・・・ではどうしたら?どうしたらそのように弾けるの?そのための具体的な弾き方ってあるのでは?

「どうしたらいいんでしょう?」

「もうそれは練習しかないわね・・・」

練習?反復練習をひたすら行えばいいのだろうか?

「なんだか抑揚もないし、具体的な奏法に関しての知識も自分はないし、そのあたりが知りたいんです」

「あなた・・・音大に行きたいの?ピアニストになるの?」

「いいえ・・・そんなつもりはありません」

「じゃあ、いいじゃない。もっと感情を込めればいいんだと思うわ」

「・・・・」

C子さんも、サークルのピアノ仲間も同じようなことを先生に言われている。「そこはこのように弾いて~」とか「もっとメロディーを歌って~」とは何度も言われるけれど、ではどうやったら・・・の具体的なところまで言ってくれない。なのでダメ出しは多くても「先生は何も言ってくれない」という思いを抱いてしまうらしい・・・

「フレーズの終わりを丁寧に弾いて」・・・では具体的にはどのようにすればいいのだろう?

手首から力を抜くの?肘から?どちらでもない?

「そこはクレッシェンドして盛り上げて~」

どのように力を入れていけばいいのだろう?力は入れるのではなく抜いていくのか?どのような具体的奏法がクレッシェンドには関わってくるのだろう?

その具体的な奏法が知りたい・・・

C子さんが現在弾いている曲を紹介してくれた。映画音楽なのだそうだ。そして、この動画のような演奏に近くなってしまうのだそうだ。

「こんなに酷くはないけど、ああ、でも限りなく近いかも・・・」とC子さん。

この演奏、機械の演奏かな?いわゆる「打ち込み」というやつ?

機械だから抑揚がないよね?メロディーと伴奏との弾き分けもないよね?だから機械みたいな演奏。まあ、機械だけど・・・でも機械だから一音のミスタッチもない。でも・・・

どうしたら、このような「ただ弾いているだけ」のような演奏から脱することができるのだろう?

C子さんは悩んでいる・・・

「先生が何も言ってくれない」と・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ


スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top