ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

チケット申し込みは来月1日からです。 

 

教室の発表会やサークルの練習会とは異なり、ピアチェーレの演奏会のような場合は、異なったものが要求されるような気がする。そのことを考えると、少々気が重い。むろん、我々はプロではないので、無料の演奏会ではあるけれど、我々の演奏を聴くために、わざわざ聴きに来てくれる・・・というところが発表会や練習会とは異なる。

聴きに来てくれた人が「来て良かった」と思うか、思わないか・・・

これはハードルが高い。でも、僕自身も人様の練習成果を聴かされても、それは興味の持てないところなので、いくらハードルが高かろうと、「何か」をせねばなるまい。

ピアノ(に限らずだが)演奏の残酷なところは、最初の数分聴けば、あとの展開が予想されるような演奏は、誰もが退屈だ・・・というところだ。特に、今回の演奏会のように、一人30分のステージだと、特にそうだと思う。

聴き手の予想、最初のフレーズを聴いた時に、聴き手は無意識に予想するのだ。その無意識の予想よりもはるかに上回ったサウンドを提供できなければ、聴き手は退屈してしまう。

自分がいかに弾けるか、練習の成果を出せるか・・・

むろん、ここも考える。というか、今はこのことしか考えられない。でも本番でそれをやってしまったら・・・

さて、このブログは本来は、「ピアチェーレ」演奏会のための広報用として立ち上げたもの。本来も目的とは大きくそれて、自分の好き勝手なことを書き散らかしているけれど、今回は本来の目的に戻って宣伝してみようと思う。

このブログにリンクしてある「ピアチェーレ」をクリックすると、ピアチェーレのホームページが出てくる。そこにメールフォームがあるので、そこにメールすると、こちらからチケットが印刷されたPDFが返信される。面倒だけれど、そのPDFを各自がプリントアウトして、演奏会当日持参して頂くようになる。

「そんなの面倒だわぁ・・・」という人もいよう。プリンターを持っていない人もいよう。その場合は、直接僕にメールを頂ければ、当日受付にチケットを用意しておくことも可能。ハンドルネームではなく、「田中」とか「山田」のように本名で申し込んで頂きたいです。

受付は「10月1日から~」となっています。

僕の場合、パソコンに疎いので、自分の演奏をブログに公開することが(今のところ)できない。公開したい思いはあるけれど、技術的制約(?)があり、当分先のことになろう・・・

この機会に、kazという人物の演奏を聴いてみたいという人は、是非聴きに来てください。

kaz

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアチェーレ

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top