ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

忘れ物 

 

本日、リサイタル会場に忘れ物(落とし物)がありました。

フェルト地のブローチです。おそらく、コートにつけていたものが落ちたのではないかと。

本日の会場のオーナーさんが保管してくれています。

コートなどをチェックし、「あっ!ブローチがない!」という方は、本日の会場までメールか電話で連絡してみてください。

kaz


にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

category: リサイタル

tb: --   cm: 0

△top

サムライ・ベルゴンツィからのお礼 

 

本日のリサイタル、無事終了しました。「サムライ・ベルゴンツィの告知」という文章を、このブログに書いたのは、昨年の7月だった。イタリア人の友人が「君は日本のベルゴンツィのようだ。サムライ・ベルゴンツィだ」と言ってくれたので、サムライ・ベルゴンツィになったつもりで告知した。僕の演奏がカルロ・ベルゴンツィの歌唱に似ているという意味で友人はそう言ってくれたのではないだろう。どこかベルカント、どこかイタリア人のような感情表現をする・・・という意味ではないかと思う。

まだリサイタルの日にちも決まっていないその時、僕は「切なくなるほどの感情表現を聴き手と共有したい」と書いている。今日、それは達成できたのではないかと自分では感じている。

ある種の音楽を聴いた時、切ないほど感情が動く。それは僕の過去体験、現在の日常生活と密接に関係していると思う。バーンスタインが言うように、音楽は言葉で表現できない深い感情までも表現してくれるのだ。誰でも心が痛くなるような経験はある。音楽、演奏で共有できたという思い、それは僕は孤独ではないということだ。音楽によってそれを感じることができた、それが自分の出来栄えがどうこうということよりも、まずは非常に嬉しい。

今日、聴きにいらしてくれた方々、本当にありがとうございました。また、スタッフとして協力してくれたサークル仲間の人たち、本当にありがとうございました。今、沢山の贈り物に囲まれながらこの文章を打っている。

比較的短期間に準備をしたように思う。今まで弾いてきた曲を全部出し切ったという感じで、タンクは空・・・という感じではある。でも、また同じようなことをしてみたいと思う。まだタンクは空なので、充填するまでは時間を要するけれど、またやってみたい。切なくなるほどの感情表現を、また共有してみたい。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: リサイタル

tb: --   cm: 0

△top

根底にある「ねえ、見て見て・・・」 

 

今月25日の自分のコンサートに関して、今日は申し込んでくれた方たちに案内のメールを送信した。本番までオフの日は2日しかないので、このようなことは計画的にこなしていかなければならない。でも嫌いではない作業であることも発見した。申し込んだのにメールが届いていないという方は、お知らせ下さい。

むろん、弾くということに重圧感などは感じていなければならないのだろうが、なんとなく遠足を待ちわびる小学生のような気分でさえあるのだ。これは一体どうしたというのだろう?本番10日前なんて青くなっているのが普通だろう。

個人的には、発表会やサークルの練習会などで一曲か二曲を弾くという方が、曲の表面的な出来栄えに関して「どうしよう・・・」などと思うのを発見した。コンサートでは一人で沢山の曲を弾くので、細々した出来栄えがどうこうよりも、全体的なものを考えるからかもしれない。

おそらく、子どもが初めて補助輪なしで自転車に乗れた時のような?「ねえ、ママっ!見て見て・・・」のような?そんな感覚なのだ。25日、僕は自転車には乗らないけれど、「ねえ、聴いて聴いて・・・こんなにいい曲なんだよ」みたいな気持ちは今の僕の根底にあるのだろうと思う。さすがにこのような気持ちになるのだとは想像はしていなかった。

トークを交えるということもウキウキ感を感じる理由だと思う。人前で話すのは得意ではない。多くの人はそうなのではないかな?でも作曲家が残した曲には「気」とか「念」があるんじゃないかな?曲について調べたりすると、そのような「気」や「念」を感じたりしてきて、それを話すことに、とてもワクワク(ウルウル?)してくるのだ。

「ゴイェスカス」を弾くのにゴヤのことを知らないというのもどうかと思うので、調べたりすると、有名なゴヤの絵画、彼が聴力を失ってからのものなんだね。知らなかった。そのゴヤの絵画絵巻を音で表出したグラナドス。グラナドスの愛を感じる「マハとナイチンゲール」この曲はただボーッと聴いても素敵な曲だが、奥さんのアンパーロに捧げられている。グラナドスは大西洋上で溺死している。乗っていた船がドイツの潜水艦の攻撃により沈没する。グラナドスは一度は救助船に助けられるのだが、波間に溺れているアンパーロを助けるために、もう一度海に飛び込む。そして二人とも亡くなってしまった・・・

「マハとナイチンゲール」はアンパーロへの愛をサウンド化したものではないだろうか?そんなことを話そうかと計画するのもとても楽しいのだ。

「ねえ、こんなにいい曲なんだよ、聴いて聴いて・・・」この気持ちは、考えてみると、人前でピアノを弾く時の動機のようなものに思えてくる。曲を弾く「自分」のことは結構どうでもいいというか・・・

失敗したらどうしよう?暗譜が飛んだらどうしよう?むろん心配はしているのだろうが、それって自分のことなんだとも思う。それよりも「ねえ、聴いて聴いて、この曲の、この部分を聴いて・・・」という気持ちが圧倒的に強いのだ。

ブログを書く動機も似たようなところがあるのかもしれない。

某所でとても楽しい動画を見つけた。そうすると「ねえ、見て見て」と思うのだ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: リサイタル

tb: --   cm: 0

△top

バリンカイのワルツ 

 

僕のコンサート、25日なのでもうすぐだ。仕事の予定表を見ると、休める日=ピアノを練習できる日が3日しかなく、大丈夫かなとも思うが、今の段階では遠足を待ちわびる小学生のような気分だ。

今日はピアノも少し練習したのだが、プログラムを作った。ワードで作成して、文具店で購入した「少しだけ高級」な紙に印刷したりしていた。練習以外にもやることが多いね。

日にちは25日、場所はミュージックギャラリーアリエッタという所。

http://www.musicgalleryarietta.com/

開場は13時40分。開演は14時から。完全予約制・・・といっても、メールで申し込むだけだったのですが、おかげさまで満席なので、今日のブログを見て、「ちょっと行ってみようかしら?」というのはできません。申し込んで頂いた方は、個別に僕からメールを後日したいと思います。

プログラムの中に「宝石のワルツ」という曲がある。いかにもJ.シュトラウスらしい素敵なワルツだ。このワルツはオペレッタ「ジプシー男爵」のメロディーを集めたもの。コンサートでは、各々の部(というかステージというか)にテーマを決めていて、「宝石のワルツ」はウィーン曲集の部(というかステージというか)で演奏する。選曲した時は、テーマに合うだろうというぐらいの気持ちだったのだが、実は「ジプシー男爵」には想い出があるのだ。僕に音楽への扉を開いてくれたのが「ジプシー男爵」だったから。

小学生の頃、僕は鍵っ子だったので、親の知り合いの医師の息子、この人も医大生だったのだが、預けられるようになった。この人が僕に音楽を沢山聴かせてくれたんだね。医学部の学生なのに音楽ばかり聴いている人だったな。

「ピアノ習っているんだ、曲はどんな曲を知ってる?」「えっと・・・」ショパンの有名な曲(LP1枚分)なら知っていたが、この場でブルグミュラーの曲とか、「アルプスの夕映え」なら知っているとは子どもながら言いにくかった。「ピアノ好き?音楽は好き?」彼の問いにも答えられなかった記憶がある。音楽で感動したことなんかなかったから。ピアノなんて退屈と思っていたから。

最初にショパンのワルツを聴かせてくれた。これはいい選択だったのではないだろうか。クラシック導入にショパン。でも彼はブライロフスキーのレコードを聴かせてくれた。その演奏は、僕のそれまで聴いていたレコードの演奏とは全く違っていた。「これ、クラシック?こんなに自由で生きている感じがして・・・こんなに胸が苦しくなるような・・・」

僕の反応に気づいたのだと思う。しばらくピアノ曲を聴いていたが、彼は突然こう言った。「オペレッタを聴こう」そして「こうもり」を聴かせてくれた。彼が身振り手振りの解説をつけてくれた。

「こんなに面白い、楽しいものもクラシックなんだ・・・」小学生、それもバイエルぐらいしか弾けない小学生に「こうもり全曲」は、なかなか個性的な選曲だとも今は思ったりするが、僕は夢中になったんだね。

「こうもり」の次に「ジプシー男爵」を、これも彼の解説付きで聴かせてもらった。僕は「ジプシー男爵」の方が好きだったな。ハンガリー情緒というのだろうか、とても惹かれた。中でもバリンカイというテノールの役を歌っている歌手が際立っているように聴こえた。

「この人、なんていう人?」「ニコライ・ゲッダという歌手だよ。僕も彼は素晴らしいと思う。ゲッダの歌、もっと聴いてみる?」

僕に音楽の扉を開いてくれた人、それは聴かせてくれた医大生であり、ブライロフスキーであり、ショパンであり、J.シュトラウスであり、そしてニコライ・ゲッダだった。

バリンカイのアリア、「気楽な若者だった頃」に惹かれたというか、ショックを受けたんだね。バリンカイ登場の歌でもあるので、非常に印象的だったのだ。ワルツになった時のメロディー、このメロディーが扉を盛大に開けてくれた気がする。

いつも音楽を聴いて、時間は夜中に近くなった。自宅まで歩いて20分ほどだったが、時間が時間だけに医大生の彼が毎回送ってくれた。最初、彼の質問に答えられなかった。音楽なんてなんだか分らなかった。でも帰り道、僕はこう言ったように思う。

「音楽ってなんだか哀しいんだね」

「そうだね・・・」彼はこう返した。

選曲の際は、このことを考えて選曲したわけではなかった。でもバリンカイのメロディー、バリンカイのワルツを弾きたかったのかな、心の奥底でそう感じていたのかな・・・

40年前のバリンカイを想いだす。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: リサイタル

tb: --   cm: 0

△top

リサイタルの流行 

 

もう大昔、僕が高校生か大学生か、その頃、あるピアノリサイタルを聴いた。昔のことなので、記憶も曖昧なところが多いのだが、草野政眞という男性ピアニストのリサイタルだったように思う。。曲目に惹かれたのだと思う。大曲バ~ンという通常のリサイタルとは異なり、19世紀のサロンコンサートといった趣きだったのだ。往年のピアニストのトランスクリプションやパラフレーズがてんこ盛りで、その種の音楽はレコードでしか聴いたことがなかったので、興味を抱いたのだ。

演奏は素晴らしかったと思う。非常に素晴らしかった。会場は、たしか上野の東京文化会館小ホールだったように記憶している。でも定かではない。

当時は「音楽の友」のような雑誌も時折読んでいたので、そのリサイタルの批評が目に入ってきた。その内容も記憶が曖昧なところもあるが、たしか演奏そのものだけではなく、プログラミングについても触れていたように思う。

「小曲、サロン風小品を並べすぎで、リサイタルとしてまとまりに欠けていた」とか、そんな感じだっただろうか?この批評、つまりリサイタルというものは、大曲を並べることだ・・・という意味だったのだろうか?ワンコーナーとしてならいいけれど、全体を19世紀サロンというのはちょっと・・・みたいな?

たしかに僕も、もっとこじんまりした会場で聴きたかった・・・とは感じたように思う。サロンというかホームコンサートというか。でも当時は小規模のサロンなんて、東京にもそうは存在していなかったのではないだろうか?発表会は公民館、市民ホール・・・と決まっていたような時代だ。器、つまりハードが充実してきたのは、もうちょっと後になってからのような気がする。

数十人規模のサロンコンサート、今はその種のコンサートに適した会場、特に東京などでは充実しているように思うが、ハードは充実していても、なんとなくソフトが追いついていない感じもしたりする。演奏者も聴衆も、どこか「リサイタルとは大曲バ~ン」というものだと思っているのか、それとも演奏側は「勉強の成果を披露したい」と思いすぎ、聴き手との交流という側面まで考えられないのか、両方なのか、素敵なサロン小品というものが、教材としてもレパートリーとしても定着していないように感じる。

30人のコンサートで、大曲が並び、聴き手もどこか固まったまま、咳もできずに、「シッ・・・」みたいな感じでは、ちょっと窮屈な感じもする。

サロン小品を素敵に演奏できる感性、つまり「きゃっ、素敵!」という要素を演奏者が醸し出せなくなったということもないだろうか?パデレフスキの「メヌエット」のような作品を聴かせることのできる人が少なくなった、あるいは聴き手も、その種の小品を素晴らしく演奏された時の、ある種の恍惚感のようなものに鈍感になった・・・

「わっ、立派!」とか「よく研究したのね!」という感覚はリサイタルで満たせても、もっとシンプルに「なんて素敵なのかしら・・・」という感覚は久しく味わっていない・・・みたいな?

サロン風の曲、往年のピアニストの編曲作品、この種の曲って、もともとザハリヒな方向性とは合わないのかもしれない。楽譜に忠実、例えばベッリーニのアリアを印刷された通りに歌う、そういうことではないように思うのだが。そんなベッリーニは滑稽でしかないのでは?長い歴史が培ってきた演奏者サイドの伝統、例えば楽譜には印刷されていないヴァリアントをどうするか・・・みたいな?その伝統、習慣のようなものを無視して印刷してあることを正確に・・・ということが楽譜に忠実ということでもないように思うのだが・・・

リサイタルの会場が大きくなるにつれ、演奏スタイルというものがザハリヒなものになるにつれ、サロン風、サロンに適したピアノ曲というものが忘れ去られていったということはないだろうか?例えば、教材としては超有名だが、メンデルスゾーンの無言歌集などをリサイタルで素敵に弾ける人が限られていったとか、ウェーバーの「舞踏への勧誘」のような作品を、ただ立派(?)に正確に演奏されてもなぁ・・・のような???

草野氏、僕が生で聴いた頃は盛んに演奏していたようだ。でも今は演奏していないようだ。氏のホームページで確認しても次回のリサイタルの予定などは記載されていない。また是非聴いてみたいと思うのだが・・・

今、素敵なサロン風小品、往年のピアニストのトランスクリプションなどを、こじんまりした会場で聴いたみたいという人は相当数存在しているように思うが。大曲バ~ン形式に飽きてしまった人も多いように思うがどうなのだろう・・・

そう、演奏を聴いて「なんて素敵なの!」そう感じたいだけなのだ。最も高尚とされているクラシックのリサイタルでそれが難しいというのは、かなり寂しいように思う。

そろそろ草野氏のような演奏家の時代到来だと思いたいのだが・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: リサイタル

tb: --   cm: 0

△top