ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

高度経済成長期 

 

天地真理が一世を風靡していた頃、つまり70年代前半というのは、いわゆる高度経済成長期でもあった。ピアノ教室が最も繁栄していた時代、お稽古事花盛りの時代。

すべてのことが上昇気流にあった、ドラマティックな時代だったのだろう。「・・・だろう」と言ってしまうのは、当時の僕は小学生。時代というものを感じるには幼かったというか、行動範囲も学校と近所という範囲だけで、ピアノばかり弾いていた・・・と書きたいところだが、自転車を乗り回して遊んでいた記憶しかないから。その頃は葛飾区の端という地域に住んでいたのだが、それでも、どこもかしこも工事中の風景というものは印象に残っているから、やはり時代は変わっていた最中だったのだろう。

カラーテレビの普及、これは天地真理の人気と比例するように伸びている。おそらく真理ちゃんブームというものは、テレビという媒体との密接な関係はあっただろう。1970年、カラーテレビの普及率は20パーセント台。天地真理が「水色の恋」で歌手デビューし、「時間ですよ」でお茶の間に人気者になっていた71年には40パーセントを超え、「ひとりじゃないの」「虹をわたって」とアイドルとして君臨した72年には60パーセント台になっている。「恋する夏の日」を駆け巡るように歌っていた73年、カラーテレビの普及率は80パーセント近くにまでなっている。まさに天地真理はテレビと共に日本を駆け巡ったのだ。

「真理ちゃんとデイト」とか「とび出せ!真理ちゃん」のような天地真理番組の人気もカラーテレビの普及があったからだし、彼女は多くのテレビコマーシャルにも出演していた。そのイメージというものは強固にあっただろうと思われる。

もう天地真理という個人を超えたところに天地真理は存在していた。様々なキャラクターグッズの発売など、レコード売り上げだけではなく、そこには多額のお金が動いていたはずだ。

「ああ、フォークが歌いたい」と本人が心では望んでいたとしても、天地真理という商品、アイドルとしてドル箱であるという側面もそこにはあっただろうと思われる。それは個人の力ではどうにもならないほど巨大なものになっていたのかもしれない。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 昭和

tb: --   cm: 0

△top

アイドル路線とフォーク 

 

よしだたくろう=フォーク、天地真理=アイドル、このような仕分けが成り立つのだとしたら、この曲の歌唱は天地真理の意外な面・・・ということになるのかもしれない。アルバムではフォーク系の曲をよく歌っていた。これが実にいい感じのように思えるのだ。

アイドル路線、メルヘン路線のシングルカットされたヒット曲と比較すると、どこか生き生きと歌っているように感じるのは気のせいか?

オリコン1位・・・でなくてもよかったのに。オリコン最高位30位程度でも、このようなフォーク路線を全うしていれば、天地真理はもう少し息の長い歌手生活だったのかもしれない。デビュー当時は、ギターを抱えて・・・のようなフォーク路線も垣間見せていた。時代がそれを許さなかったのか・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和

tb: --   cm: 0

△top

恋する夏の日 

 

天地真理の全盛期の楽曲

水色の恋(デビュー曲) オリコン3位
小さな恋 オリコン1位
ひとりじゃないの オリコン1位
虹をわたって オリコン1位
ふたりの日曜日 オリコン3位
若葉のささやき オリコン1位
恋する夏の日 オリコン1位

順に並べてみると以上のようになる。7曲のうち、4曲が森田公一の作曲で、すべてがオリコン1位となっている。当時の天地真理の楽曲については作詞も含め、制約があったようだ。それは清純派のイメージを決して崩してはいけないという制約。メルヘン歌謡とでもいうべき世界という制約があった。そこには失恋とか、嫉妬とか、そのような要素を微塵も感じさせてはならない。

考えてみれば当然ではあるのだ。天地真理はアイドルだったのだから。このあたりが非常に「昭和」というものを感じさせるところでもある。全盛期の天地真理、小学生から大人まで、特定の、真理ちゃんコールを叫ぶ男性ファンだけではなく、幅広い層からの支持があったらしい。当時、天地真理の名前を冠したテレビ番組が19時というゴールデンタイムに放送されていた。高視聴率をマークし、3年ほど続いた。この真理ちゃん番組を多くの小学生も観ていたらしい。「真理ちゃん、可愛い!」小学生から20歳過ぎの女性が可愛いと言われる、そのようなことを求められていた、まさに昭和だな・・・と。

天地真理の代表曲といえば、やはりこの曲なのだろう。売り上げとしては最高のセールスという曲ではない。その事実が意外と感じるほど、天地真理といえばこの曲を連想する人は多いだろう。僕ぐらいの年代の人だったら、振り付きで歌える人、多いかもしれないね。

もう、イントロからして「勢いのあるアイドル」にしか歌わせないという意思(?)を感じさせる曲。森田公一は、そのあたりを強調するのが、実に巧みだったように思う。

でも、この「勢いのあるアイドル路線」というものが歌っている本人もビックリ・・・というほどに成功してしまった。まさにここが、その後の天地真理の路線を難しくしてしまったところでもあるのではないか?

シングルではなく、アルバムでの天地真理、アイドル路線GOGO(?)の頃、いや、デビューアルバムから、実はフォーク系の曲を沢山歌っている。天地真理本人はフォークが好きだったのではないかと思う。ギターを抱えて・・・の世界。森山良子とかチェリッシュのような世界。でもそれはアルバムでしか許されない世界でもあった。天地真理はアイドルになってしまったのだから。

この曲は、そのような意味で僕には、ちょっと切ない曲でもある。天地真理は本当にこの曲を歌いたくて歌っていたのかな・・・と。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和

tb: --   cm: 0

△top

昭和の白雪姫 

 

渡辺真知子が「迷い道」で鮮烈なるデビューをした頃、僕は地元の駅前にあるレコード店で天地真理のレコードを買おうかどうか、迷っていた。

天地真理、その頃は人気も下火になっていたのではないだろうか?彼女のレコードを買うということが、なんだか時代遅れのような、そんな気もしたし、友達にも「天地真理いいよね?」なんて決して言えなかった雰囲気もその頃にはあった。1976年頃だったと記憶している。

数年前には絶大なる人気を誇っていた天地真理、トップアイドルの座は、山口百恵とか、あるいはピンクレディーなどに奪われていたような気がする。全盛期の天地真理、実は、あまり僕の記憶にはない。彼女の全盛期に「真理ちゃ~ん」と真理ちゃんコールをする世代でもなかった。小学校の低学年だったしね。でもヒット曲は自然に耳には入ってきた。歌番組全盛時代だったし、天地真理の活躍は、歌手としての領域を超えたものでもあったし。当時の彼女は「アイドル」だった。元祖アイドル・・・

「歌、下手ねぇ・・・」「可愛いけどそれだけで歌手とは言えないよね~」全盛期の天地真理に対しては、歌が下手という評価もあったように思う。両親などもそう言っていたし。たしかに美空ひばりとか、ちあきなおみのような、聴く人を唸らせてしまうような上手さは当時も今も天地真理の歌声からは感じない。それはそうなのだが、でも「下手ね~」なのだろうか?

アイドルとは歌ではなく、ルックスで売れるという思い込み、それが僕にあったように思う。遅ればせながら、「えっ?そんなに下手?でもいいなと思ったんだけど・・・」と初めて自主的疑問(?)を感じたのが1976年当時の天地真理を偶然テレビか何かで聴いた時なのだ。

天地真理のファンと僕は言えるのか?全盛期のヒット曲、知ってはいるが、そこは素通りしてしまっているので、ファンとは言えない。でも一般的には落ち目とされている頃、筒美京平が曲を提供するようになった頃の天地真理には、どこか惹かれたりもする。独特のファルセットによる歌声、それは天地真理にしかない歌世界のような気もする。そのような魅力を感じているという意味では、遅れてきたファン・・・とも言えるような気はする。

人気絶頂期の天地真理、今聴き返してみても、正直「なんて下手なの・・・」とは感じない。この曲は美空ひばりでも、ちあきなおみでも似合わない歌世界なのではないかと思う。天地真理の世界。

「ひとりじゃないの」は1972年のヒット曲と記憶している。素通りして聴いていた頃は、周囲の大人たちの評価をそのまま信じていた。「歌が下手な人」と。

天地真理、母子家庭・・・なんですね。女手一つで私立の中学、高校と通わせた。国立音楽大学の付属で、ピアノ専攻だったようだ。おそらく、ピアノ教師になれば、女一人でも生きていけると母親は思ったのかもしれない。たしかにそんな時代でもあった。でも金銭的に大変だっただろうな・・・と思う。

50歳以上の年代の人、天地真理のファンではなかった人も、この「ひとりじゃないの」は歌えるのではないだろうか?当時のアイドルにはそのような時代のオーラがあったような気がする。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和

tb: --   cm: 2

△top

琴線 

 

私たちは深い感動を経験したとき「心の琴線に触れるような」と形容することがあります。それは私たちの中に無かった何物かを作品から与えられたというよりも、むしろ私たちの中に在った何物かが作品によって触発されたという思いの表れではないでしょうか。かねてより漠然と感じていたことが図星に表現されたり、心の底に潜在していたものが呼び覚まされたりという意味で・・・

(雁部一浩 著:ピアノの知識と演奏)


kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和

tb: --   cm: 0

△top