ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

カートに入れる歌たち 

 

懐メロばかりではいけない。最新流行の歌(パフォーマンスと言うらしい)も聴かなければ・・・

積極的にではないが、売り上げや、オリコンのチャートなどを調べ、恐る恐る(?)聴いてみることもある。聴きもしないで「最近の歌ってダメだよなぁ・・・」とだけはならないように。歌というよりは、ダンスのおまけという印象ではある。各々の歌手(アーティストと言うらしい)の個性というものは、聴きとろうとしても、僕には難しい。

ダンス主体というか、リズム主体なので、歌詞もカタカナ語が頻繁に使用されるのだろう。フレーズ感が短めなのが共通している。「たしかに歌い継がれるという要素はないだろうなぁ・・・」と感じる。覚えにくい曲調ではある。

スマホ、ネット全盛時代になり、かつてのようにCD一枚をショップで購入するというよりは、一曲をネットで購入、気軽にヘッドフォンで聴く、聞き流す(?)というような気軽な感じが今風の歌を支えているのかもしれない。音楽をカートに入れる人の割合は、懐メロ世代よりも若者が多いだろうとも思う。音楽を供給する側も、やはり商売だから売り上げのようなもの、カートの中身を気にしないわけにもいかないのだろう。

逆に、カバーアルバムは順調に売れているらしい。懐メロ世代も生息しているわけだ。たしかに新しいヒット曲、それも歌い継がれるような新曲を提供するよりは、かつてのヒット曲を再アレンジするほうが、楽なのかもしれない。でも、カバーの需要は存在している・・・ということでもあるのでは?人類からメロディーが古井戸のように枯れてしまったのかもしれないが・・・

歌謡界の掟が、いつの頃からか消滅してしまったような印象を持つ。それはいけないことではないのかもしれない。昔、つまり昭和歌謡全盛時代には仕分けのような掟があったように思う。アイドル、歌謡曲実力派、演歌系、フォーク系・・・のような?今は特に演歌が衰退していると言われたりするが、僕も演歌は子どもの頃からあまり聴かなかった。どの世代の人も知っている大ヒット曲としてテレビで流れるので「津軽海峡冬景色」も「北の宿から」も違和感なく聴いていたけれど、自分の好みで聴いていたわけではなかった。昔から人、世代の好みというものは存在していたように思う。

アイドルは、アイドルだ・・・という掟もあったような?歌唱力そのものではなく、アイドルというだけで仕分けされてしまう。最優秀新人賞なら、それはありだが、アイドルは決してレコード大賞は獲得できない・・・のような掟。天地真理、浅丘めぐみ、桜田淳子といったアイドル達、今のアイドルのように自分を「アーティスト」とは呼ばなかったんじゃないかな?

戦前にも当然アイドルは存在した。この人はアイドル歌手というよりは、名子役として有名だった人なのではないかと思うが、華憐な印象は凄まじい(?)ものがある。世相の暗さを吹き飛ばすかのような爽やかさ・・・

昭和17年当時、さぞ、一服の清涼剤のように、戦争一色だった世界を塗り替えるかのような印象だったのではないだろうか?

でもそうはならなかった。高峰秀子の歌うこの曲は発売4日後、発禁処分になってしまった。時の内務省の言い分はこのようなものだった。

「敵性音楽的なバタ臭さがある」

作曲者の米山正夫(名曲多し!)は勇敢にも役人に抗議をした。「冗談じゃない!同盟国ドイツの作曲家、アイレンベルグの曲を前奏と間奏に取り入れたのに!」当然彼の抗議は無視されてしまったわけだが。

今聴いても「ああ、アイドルの歌だな」と感じる。この可憐さはアイドルのもの・・・

昔もアイドルはいたのだ。

敵性音楽的なバタ臭さ、それは何だろう?歌詞がいけなかったのかな?ファミレドシドレミファ・・・とか?日本音名ならよかったのか?ハニホヘ・・・?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング





スポンサーサイト

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

将来の抒情歌 

 

介護福祉士試験では実技試験というものもあると思う。当然、就職後に必要な介護実技能力を見極めるためのものだろう。その実技試験で歌の試験を加えたらいいかもしれないなどと思う。歌詞カードを渡されて受験者は当日指定の歌を歌う。「湖畔の宿」とか「東京の花売り娘」「銀座カンカン娘」のような曲。いきなりの当日指定がいいのではないかと思う。

今の若い介護スタッフの中には抒情歌を知らない人もいる。今流行りのダンサブルなヒット曲を高齢者と歌うわけにはいかないだろう。なので古い歌を知っている必要はあると思うのだ。歌詞を暗記などはしていなくてもいいと思うが、歌詞カードや模造紙に書かれた歌詞を見れば歌えるようにはなって欲しい気がする。

戦前の歌を知らないというのも困るだろうが、いわゆる昭和歌謡も知らない人がいたりする。「えっ、こんな曲知らな~い!」個人的にショックだったのが、「三百六十五歩のマーチ」「瀬戸の花嫁」「忘れな草をあなたに」「バラが咲いた」のような曲も「こんなの知らな~い」という若者がいるということ。

「お勉強しましょうね」とも思うが、たしかに平成生まれの若者にとっては、日頃慣れ親しんだ歌でもないのだろう。でも、平成生まれと言っても、そろそろ三十路・・・という人もいるはずだ。

平成生まれの人、現在十代という人も含めて、順調な人生を歩めば60年後には80歳ぐらいにはなっているのだ。その時、高齢者施設の歌レクや音楽療法の時間に、どんな歌を歌うのだろう?すべての人が共有しているような歌はあるのだろうか?他人事ながら心配してしまう。

テレビで歌番組が復活、リズム主体のような歌から、誰でも共有できるようなメロディーの復活、そのような歌を皆で共有できるような歌声喫茶のような場の復活・・・そのようなことを夢見るよりも、現在残っている抒情歌を歌い継ぎ、次の世代に残していくような発想が必要なのではないかと思う。具体策などは持ってはいないが。

「北上夜曲」という抒情歌、若い世代の認知度は高くはないと想像する。でも、このような歌が途絶えてしまうのは、なんとも哀しい。

昭和16年の歌なので、大変に古い戦前の歌ということになる。戦争まっしぐらという頃の歌でもある。最初は作者不詳ということで、主に東北地方で歌い継がれてきた曲のようだ。「いい曲だね」「哀しい曲だね」と人々の間に広まっていったらしい。全国区で火がついたのが昭和30年代らしい。歌声喫茶にて全国的に歌われるようになっていったらしい。歌声喫茶でのリクエストも常にトップという人気だったようだ。歌詞内容に基づく映画も各社で制作された。大ヒットした曲なのだ。

その頃、この曲の作詞作曲が判明した。作詞が菊池さん、作曲が安藤さんという人で、ともに岩手県の人。専門的に作詞や作曲を学んだ人たちではないらしく、二人はその後教師になっている。二人が十代の頃の作品だということだ。

昭和16年、盛岡市白百合学園女学校生徒と盛岡第一高等学校生との悲恋話を基に当時岩手師範生徒の菊池さんが作詞したということだ。二人は北上川で入水自殺をしてしまったらしい。周囲の理解を得られず、絶望したのであろうか?女学生だけが亡くなり、男性は生き残った・・・

だから、このような詞なんだな・・・と。

今の若い世代の人は、この曲を聴いたら「ダサ~い」とか「暗~い」とかだけ思うのだろうか?そうではないと信じたいところがオジサンにはある。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

吾亦紅 

 

杉本真人の母親は亡くなる直前、息子にこう言ったのだそうだ。

「親のことなど気遣わずに恥じない人生を生きなさい」

ちあき哲也と杉本真人は実生活でも友人だったようだ。母親が亡くなった時の杉本真人の落ち込み様は大変なものだったらしい。かつてはバンド活動ばかりに熱中し、親のことなど考えたりはしなかった。

「母にあやまりたかった・・・」それは杉本真人の後悔となったらしい。友人として私的な一片の詞をちあき哲也は杉本真人に捧げた。杉本の母親が好きだった花の名前にちなんだ、「吾亦紅」という詞を。

詞を贈ったちあき哲也も、曲をつけて歌ってみた杉本真人も、私的な「吾亦紅」がこれほどヒットするとは思っていなかったかもしれない。「吾亦紅」は、どこか渇いていた日本人の心情に訴えたのかな?

吾亦紅の花言葉、「変化」「移ろい」「明日への期待」「憧れ」「愛慕」・・・なのだそうだ。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

忍冬 

 

歌手、すぎもとまさとの声って、おそらく「美声」ではないのだと思う。点数の出るカラオケなるものがあるらしいが、彼よりも高得点を出してしまう素人さんもいるかもしれない。でも歌って(ピアノもか?)それだけではない。すぎもとまさとの声には味がある、そう僕には思えてくる。

「忍冬」は、たしか因幡晃に提供した曲だと思う。僕は「忍冬」の作曲は因幡晃自身だと思っていたが、杉本真人だったんですね。

ちあき哲也の詞が切なすぎる。男性が作った、女性を主人公にした歌、それを男が歌う・・・まさしくこれはその世界だ。僕にとって、杉本真人の魅力を最も感じる世界。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top

かもめの街 

 

杉本真人は、歌手ちあきなおみに素晴らしい曲を提供している。「冬隣」とか「紅い花」とか。その中で作詞家ちあき哲也と組んだ楽曲が「かもめの街」という曲。この曲を聴くと、ちあき哲也=杉本真人=ちあきなおみという完全なる調和のようなものを感じる。どこか一つが欠けてもこうはならない・・・みたいな?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 昭和歌謡「公園の手品師」の日記

tb: --   cm: 0

△top