ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ハイケンスのセレナーデ 

 

ジョニー・ハイケンスという作曲家、この人を知っているクラシック愛好家は少ないかもしれない。唯一知られている曲は「セレナーデ」という曲で、俗に「ハイケンスのセレナーデ」として知られている。

ハイケンスという名前や曲名を知ったのは、大人になってからだが、彼の「セレナーデ」は4歳の僕のお気に入りの曲だったらしい。幼稚園のお遊戯の曲だったと記憶している。ピアノが自宅にあったわけでもなく、習ったわけでもなかったが、幼稚園にあったピアノで、いきなり「セレナーデ」を弾き、それもメロディーを変奏して弾いたということで、幼稚園の先生が母親に連絡してきたという。母親は「まっ、天才児?ピアノを習わせなければっ!」とはならず、スルーしてしまった。「子どもってそういうことよくあるから・・・」みたいに。僕自身は、その時の記憶はない。

ピアノブログにも、そしてピアノ仲間との会話でもジョニー・ハイケンスの名前が出てきたことはない。「セレナーデ」はピアノ曲ではないし、音楽史に燦然と輝く大作というわけでもないので、それも仕方ないだろう。

ある年代以上の方、高齢者の方にとっては、ハイケンスの「セレナーデ」は懐かしい曲であるらしい。第2次世界大戦中、戦地で戦う人のためのラジオの娯楽番組の放送があったらしい。それは日本国内にも放送されたらしく、昭和16年から2年間放送されたという。「前線へ送る夕べ」という番組で、この番組のテーマ曲がハイケンスの「セレナーデ」だった。

また、この曲は鉄道ファンにもお馴染みの曲だという。僕は鉄道には詳しくはないのだが、ブルートレインという列車は大変な人気だったらしい。これらの列車の車内放送用のチャイム音が、ハイケンスの「セレナーデ」だった。JR時代になってから、そして今でもこの曲は列車の中で流れているのだそうだ。

ジョニー・ハイケンスはオランダの人。イザイにヴァイオリンを師事したが、主に指揮者としてドイツで活躍したらしい。自身の楽団を持っていたらしく、おそらく「セレナーデ」のような親しみやすい自作曲などで人気を集めていたと想像する。「セレナード」は作品21なので、少なくとも、あと20曲はハイケンスの作品があると思われるが、現在では「セレナーデ」以外の曲は忘れられている。

第2次世界大戦中、オランダとドイツは敵国であったはずだ。日本とも。なぜに敵国オランダの作曲家の作品が「前線へ送る夕べ」のテーマ曲になったのか、ハイケンスが、おそらくドイツで活躍していたからだと思う。オランダ人として、ナチスドイツ国家の中で音楽家として生きていく、かなり色々とあったのではないかと想像する。ナチスに融合するようなことも必要だったのでは・・・などと想像する。

ハイケンスは親独派として知られていて、ユダヤ人に対しての、あるいは人種に対しての差別的発言などもあったらしい。でもハイケンスの穏やかそうで柔和な表情、そして彼の「セレナーデ」を聴いたりすると、それほどの悪人とはどうしても感じられない。「生きていくため・・・」ではなかったか。だとしても讃えられるべきことでもないのかもしれないが・・・

戦争末期、ハイケンスは没落したドイツを去り、生まれ故郷のオランダに帰国している。帰国後、親独派、ナチスへの協力者として連合軍に逮捕され、収監された。獄中でハイケンスは自殺をしてしまったという。

ハイケンスのなんとも痛ましい最期・・・

この曲、なんとも痛ましく聴こえてきたリする。曲調が明るいだけに、なおさらハイケンスの自殺が痛ましい。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

音の肖像画 

 

アルゼンチンの作曲家、カルロス・グアスタビーノの歌曲に「アネーロ」という曲がある。同じくアルゼンチンのオペラ歌手、ホセ・クーラによると、アネーロとは「息苦しいほど、痛いほどに激しい希望、憧れ」という意味なのだそうだ。「アネーロ」はグアスタビーノの代表的歌曲、「バラと柳」とか「鳩のあやまち」といった曲と比べると、地味な感じの曲ではある。素朴というか。グアスタビーノは詩に惹かれたのではないだろうか、この詩はグアスタビーノの人生そのものといった詩だから・・・

「アネーロ」(切望)  : 詞 ドミンゴ・セルパ

私の人生を村の灯火にしたい
村の農夫か
学校の先生になりたい

もし農夫なら
星が私の菜園を照らすように
もし先生なら、浅黒いいくつかの顔に
微笑みがあるように

私の菜園は谷間にあるように
私の学校は谷間にあるように
たとえ山の上の我が家には
屋根も扉もなくても

私の人生を村の灯火にしたい
昼には何も照らさず
夜には星になる

グアスタビーノは無名の作曲家というわけでもなかったように思うが、実に素朴というか質素というか、そんな感じの人だ。一生独身だったらしく、私生活については、あまり分ってはいないらしい。ずっとブエノスアイレスの32平米のアパートで暮らしていた。32平米・・・日本のワンルームマンション、あるいは1DKという感じだろうか?その小さな部屋にはアップライトピアノがあった。でも音があまり鳴らないように、ハンマーにパッドをかぶせていたらしい。

「だって・・・ピアノの音が近所迷惑になるから・・・」

グアスタビーノ、歌曲も素晴らしいが、ピアノ曲もいい。僕の最も好きなグアスタビーノのピアノ曲は「私の友達」という10曲からなる連作ピアノ曲。どれも楽譜はシンプル。バイエル中ほどでも弾けるかもしれない。

私の友達・・・サブタイトルに、若いピアニスト達のための音の肖像画・・・とある。つまり、ピアノを習っている子ども達を音で描いた作品。10人の子ども達、実在の人物である。ブエノスアイレスでピアノを学ぶ少年少女をカルロスがあたたかく見守り、包み込む・・・といった風情が感じられる。

「アラングレン通りのフェルミーナ」 このフェルミーナちゃんは実際に作曲家となった。


「フェルミーナ・・・君はピアノが好きなんだね?」
「ええ・・・大好き。でも・・・」
「でも・・・なんだい?」
「カルロスさん、笑わないでね。ピアノ好きなんだけど、ときどき音楽って哀しく感じたりするの。泣いちゃったりもする」

「カルロスさん・・・私って変かな?」
「いや、変じゃない。全く変なんかじゃない」
「カルロスさんも音楽で哀しくなったりする?」
「するよ・・・僕はいつも泣いている・・・」

「音楽って哀しいのね?」
「うん・・・そうだね。哀しいから美しい・・・」

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

愛の讃歌 

 

アントニオ・ポンパ=バルディのCDでお勧めのCDがある。プーランクの歌曲をアントニオがピアノ独奏用に編曲、エディット・ピアフのシャンソンをロベルト・ピアナがピアノ用にしたもの、このCDは素晴らしい。僕は日本のアマゾンで購入したので、比較的簡単に手に入るのではないだろうか?在庫切れかもしれないが・・・

ここで演奏しているのは、ロベルト・ピアナのエラボレーションによる「愛の讃歌」で、歌うようなピアノを満喫できる。

CDのタイトルは「The Rascal and the Sparrow」

「リストを読んで」も、この「愛の讃歌」も、もちろん演奏者であるアントニオ・ポンパ=バルディも素晴らしいのだと思うが、ロベルト・ピアナという人に、より興味を持ってしまうところだ。

基本的には、作曲家、編曲家、兼ピアニスト・・・ということになるのかもしれない。でも昔の作曲家はピアニストでもあったわけで・・・

昔のピアニストは自分の作品を演奏し、自分で編曲も普通にしたわけで・・・

次回より、ピアニスト、ロベルト・ピアナを紹介していきたい。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

リストを読んで 

 

アントニオ・ポンパ=バルディの演奏、これは「リストを読んで」という作品。リストを読んで・・・もちろんリストの「ダンテを読んで」に引っ掛けているのだと思う。ある程度リストのピアノ曲を知っている人であれば、ニタニタと(?)面白く聴ける作品なのではないだろうか?

作曲者はイタリアのロベルト・ピアナという人。アントニオは、かなりの数のピアナ作品を演奏しており、個人的にも親交が深くあるようだ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top

貧困のマリアッチ 

 

どうもパソコンの具合が良くない。ネットは大丈夫だが、メールの具合が良くない。送受信ができなくて非常に困った。現在、送受信はできるようになった(僕が直したわけではない)が、アドレス帳が開かない。パソコンも電化製品だから寿命があるらしい。もう8年以上も使用しているので、「寿命でしょう」ということらしい。新しいパソコンに変えるまで、不都合は続くだろう・・・

メキシコの歌に「ベサメ・ムーチョ」という歌がある。むろん、歌詞の内容など分からずに今まで聴いていたのだが、「ベサメ・ムーチョ」とは「もっとキスして!」という意味なのだそうだ。知らなかった。作詞、作曲はコンスエロ・ベラスケスという女性。なんと、彼女は16歳の誕生日前にこの曲を作ったのだそうだ。ということは15歳?まぁ、年齢については諸説あるみたいだが・・・

「ベサメ・ムーチョ」  詞: コンスエロ・ベラスケス

僕にキスして もっとキスして
今夜が最後かもしれないから
僕にキスして もっと・・・
あなたを失うのが怖い この後あなたを失うのが怖い

あなたを抱きしめたい
あなたの目を見て・・・僕の隣にいるあなた・・・
僕はたぶん明日あなたと別れ
遠いところへ行かなければならない

僕にキスして もっとキスして
今夜が最後かもしれないから
僕にキスして もっと・・・
あなたを失いたくない あなたを失うのが怖い

う~ん、やはり15歳というのはどうなんだろう?

ここで歌っているのはメキシコの歌手、ハビエル・ソリスという人。この人はランチェーラ歌手なのだそうで、ランチェーレはマリアッチが伴奏を担当するのだそうだ。個人的にはメキシコの演歌と感じる。「演歌」というより「艶歌」?

ハビエル・ソリスは非常に貧しい家庭、地域で育った。つまり貧困の中で育った。様々な仕事をしていたらしい。肉屋とかボクサー(?)とか。でも、やはり歌が好きで、時おりレストランなどで歌っていたそうだ。その時にスカウトされたらしい。

「歌手になってみないか?いい声だ。人気出るぞ!」
「えっ?俺が歌手?歌手・・・うん、俺、やってみるよ・・・歌が好きだ・・・やってみる!」

ハビエル・ソリスは人気者になった。(見る人の主観によるかもしれないが)甘いマスク、甘い声、特に女性ファンが多く、アイドル的存在になった。映画にも多数出演し、アメリカなどでも大変な人気だったらしい。

メキシコの寵児、スターとなったハビエル・ソリスだが、その輝きは長くはなかった。胆のう炎が悪化し、彼は34歳という若さで亡くなっている。

でも輝いたのだ。彼は自分の憧れを追い、触れようとしたのだと思う。だから輝けたのだ。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 秘曲

tb: --   cm: 0

△top