ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

エフォルトレス 

 

ミルシテインは、若い頃の映像でも身体をクネクネと動かさない弾き方だったようだ。それは82歳になっても変わらず。

エフォルトレスという言葉が浮かんだ。エフォルトを感じさせない。力感というのかな、「さあ、頑張るのよ」みたいなものを感じさせない。むろん、練習は頑張っているのだろうが、舞台でオーディエンスに、それを感じさせない。これは黄金時代の流儀なのだろうか?

お爺ちゃんになってからのホロヴィッツの演奏、演奏姿も同じく「エフォルトレス」を感じる。そう言えば、ミルシテインとホロヴィッツ、たしか共演していたはずだ。ビジュアル熱演というのとは正反対の演奏だったのではないだろうか?

人間って、このようなこともできるんだ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top

82歳の少年 

 

ナタン・ミルシテインというヴァイオリニスト、この人はショパンのノクターンの実に美しい編曲で知っていた。また、最近よく演奏されるようになった「パガニーニアーナ」の作曲者として。

ヴァイオリニストとして、この人の演奏をじっくりと聴くということは、今まであまりなかったのだが、彼のラストコンサートのCDを聴いて、椅子から立ちあがれなくなるほど驚き、感動してしまった。ラストコンサート、つまり引退公演だったのだろう。ミルシテイン、82歳の時だ。

82歳・・・そうだよね、もう引退だよね、お爺ちゃんだもの。

でもステレオから流れてくる演奏は、お爺ちゃんではなかった。なんと艶やかで若々しいのだろうと・・・

モチベーションが維持できなくなったり、落ち込んだりした時に聴くと、何かを肯定できるような、光をもらえるような、そんな演奏だと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top

イリヤ・カーラーを知っていますか? 

 

友人のルカとメールのやり取りをしていて、僕の聞いたことのないヴァイオリニストの名前が出てきた。彼はそのヴァイオリニストのことを、僕が当然知っているものとして書いているので、正直に「その人知らないな」と書いて送った。

「えっ、どうして?」

どうしてと言われても・・・

イリヤ・カーラーというヴァイオリニスト、知っています?とても有名な人らしい。平均的な(?)アマチュアのピアノ弾きよりも、僕はヴァイオリニストを知っているつもりだったが、そうでもないみたいだ。

メジャーコンクールを昔制覇しているので、そのような意味では有名なのかもしれないが、でも知らなかったな。

現在はアメリカで教えているようだ。過去にイーストマン音楽院、インディアナ大学のブルーミントン校で教えていたらしい。名門だね。現在はシカゴにあるデポール大学の音楽学部で教えているらしい。デポール大学なんて知らないな。

世界的に有名な演奏家、これって情報が操作されているのでは?誰でも知っている=素晴らしい演奏家というわけではない、いや、そうなのだろうが、名前だけで集客できるということだけで演奏家を判断してもいけないだろうと・・・

そう考えると、招聘される演奏家、CDショップに並んでいる演奏家、雑誌に頻繁に登場する演奏家ばかりを我々は聴かされているような?選択するのは、むろん自分・・・なのだが、このイリヤ・カーラーのような演奏家はそのような情報だけでは知ることはできない。僕だけが知らなかった・・・ということなのかもしれないが。

ちょっと昔の映像だが、素晴らしいヴァイオリニストのように思う。画像が昔のソビエトっぽく、少々荒れているような気もするが、演奏は素晴らしい。心が揺さぶられてしまう。

皆どうやって「自分のお気に入りの演奏家」を発掘しているのだろう?

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top

誕生日 ヤッシャ・ハイフェッツ 

 

今日、2月2日はヤッシャ・ハイフェッツの誕生日。クライスラーとハイフェッツが同じ日に生まれたというのがなんだか凄い。

ハイフェッツの演奏は、どの演奏も完璧なので恐ろしいくらいだ。どうも完璧主義者だったらしい。

この人と同じ時代に生きたヴァイオリニストは大変だっただろうな・・・などと思う。

ホロヴィッツみたいだ・・・とも思う。演奏が似ているというのではなく、好きとか嫌いとか、上手いとか、そのようなことではなくハイフェッツは「ハイフェッツ」なのだ。ホロヴィッツが「ホロヴィッツ」であるように・・・

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top

誕生日 フリッツ・クライスラー 

 

今日、2月2日はフリッツ・クライスラーの誕生日。

この曲、もともとはピアノの曲だけれど、ヴァイオリンの演奏の方が馴染みがある。クライスラーが編曲し、演奏したからそう感じるのだろうと思う。

kaz



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ



category: Violinists

tb: --   cm: 0

△top