ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

キス&クライ 1994 

 

この佐藤有香選手の演技は、実際に試合会場でも観たし、映像でも、もう何度も観ているのだが、今回は異なる視点で観てみた。娘の演技を見守る母親という視点。

両親がスケーターであり、コーチ。その娘なのだから、なんとなく幼い頃から、娘にはスケーターになるための英才教育をスパルタ式に行ったのではないかと想像するが、実際にはそうではなく、娘には「スケートだけはやらせたくない」みたいな感じだったのだそうだ。なんとなく分かるような?選手時代、どれほど辛かったか、そんな思いは娘にはさせたくない・・・みたいな?一見華やかな世界だし競技だから、もしかしたら憧れるのかもしれないが、それだけでは続かないのだと。「私にもスケート教えてぇ・・・」娘の懇願に負けたというか?

両親が両親だけに、やはり素質はあったのだろう。娘は順調に選手として成長していく。両親とも結構厳しいコーチだったのではないかな、想像だが。世界で通用する選手になるため、有香選手は日本からカナダに移る。これって今では普通・・・みたいな感じだけれど、相当大変なことではないかと思う。専門(?)のスケートもだが、やはり言葉の壁。バイリンガル教育を受けた人ならともかく、最初は相当言葉の問題というものは辛いものだ。有香選手はピーター・ダンフィールドの元で滑り始める。本拠地としては、カナダのオタワということになる。オタワ、おそらく英語はもちろん、フランス語もバンバン聞こえてきたのではないだろうか?

「もうイヤ、帰りたい」そう言う娘に両親は「そうかい?有香ちゃん、辛いんだったら帰っておいで」とは言わなかった。まぁ、それが当たり前だろうが。

このあたりは僕も経験がある。留学中、当たり前だが、起きてから寝るまで、すべて英語というのは相当なプレッシャーだ。辛いし、言葉という手段を持たないために、悔しい思いだってしたことがある。結構、留学当初はうなされたりした。「あんた、何言ってるか分からない」みたいなことを言われて悔しかったねぇ。「日本語で対応させれば、自分だって・・・」みたいな?単なる言葉なんだけど、できないと自分がダメ人間になったような、そんな気分にもなってくる。

留学していた頃、アメリカで最も有名な日本人、それが「ユカ・サトウ」だった。スケートとは関係ない話題を話していて、僕が日本人だと知ると「君、日本人?じゃあ、ユカ・サトウ知ってるね?」みたいな。当時彼女は日本人スケーターとして、アメリカで最も成功した人として知られていた。本当にスケートファンだけではなく、誰でも知っていたなぁ・・・

1994年の世界選手権、有香選手はショートプログラム(当時はテクニカルプログラム)を終えて1位。つまり1位でフリーを迎えた。これはかつてないことだ。世界選手権のメダル経験もない。どのような気持ちで、両親は娘をリンクサイドで見守ったのだろう?娘が世界チャンピオンになるかもしれない・・・どのような気持ちだったのだろう?スケートの厳しさを熟知していたはずの両親、ちょっとその時の気持ちは想像できない。

演技は素晴らしいものだった。有香選手をまず迎えるのが、コーチのピーター・ダンフィールド。まぁ、コーチなのでそうなるだろう。次に有香選手をハグするのは、信夫コーチではなく母親の久美子コーチだ。この時、キス&クライでダンフィールドコーチと有香選手と一緒に座ったのは久美子コーチだ。信夫コーチではない。信夫コーチはこの時一歩引いたのだ。

有香選手がオリンピックに出場とか、世界選手権でメダルも期待される・・・そのような時、注目され時にはインタビューされたりしたのは久美子コーチではなく、信夫コーチだったような気がする。久美子コーチは影で支えていたというか?

でも娘のスケート人生、最も輝くべき瞬間、娘の隣に座ったのは母親である久美子コーチ。僕たちの計り知れないようなことを信夫コーチは分っていたのだろう。

想像する。久美子コーチは、キス&クライ、有香選手の母親だったのだろうか?コーチだったのだろうか?先輩スケーターだったのだろうか?

「この瞬間だけは有香の母親でいなさい」なんとなく信夫コーチは父親としてそう伝えたかったのではないかな?想像だが・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

50年前の女子シングルの実力って??? 

 

グルノーブルの「銀盤のいとはんトリオ」、紹介するのは石田選手ではなく、大川久美子選手。

現在、日本のフィギュアスケートのレベルは凄いものがある。人気もだが。シングルのみ・・・というところが少々残念な気もするが、現在の日本はスケート王国。それは素晴らしいのだが、ややもすると、今は花盛り、昔は暗黒時代、未開の時代・・・みたいな、どこか大雑把すぎる認識を持ってしまう危険性もある。僕だけか?僕ぐらいの世代だと、せいぜい渡部絵美選手ぐらいからの印象しかない。それ以前の日本選手って、色々と大変だったんだろうな、とか、大変に失礼なのだが、あまりレベルって高くはなかったんだろうな・・・とか、どこかそのように思っていたかもしれない。まぁ、実際に昔の日本選手の演技って観る機会もないし、想像するしかなかったし。

50年前の日本女子シングルの演技、正直もっと違うものを想像していたことは確かだ。

いやぁ・・・凄いじゃないですか・・・

オリンピックの3人枠、おそらく、この大川選手が前年の世界選手権で5位になったからだと思う。5位?凄いじゃないですか?この時のオリンピックでも8位になっている。凄いじゃないですか。成績もだが、演技に驚いてしまった。質、各々のエレメンツの質が高くないですか?50年前ですよ?

いきなりフリップジャンプを跳ぶけれど、その質の高さ。後半、ルッツから、いきなり2Aとか、これって今でも高難度なのでは?

大川久美子選手、この後引退し、結婚する。そして佐藤久美子となる。佐藤久美子?あの佐藤信夫コーチの奥さんになるのだ。佐藤久美子コーチって、いつも信夫コーチを盛り立てて、決して全面に出ない・・・みたいな印象があったが、素晴らしい選手だったのだ。知らなかった。育てた選手を考えても、久美子コーチの力量は凄いものがあるのではないだろうか?

演技後、信夫コーチがしっかりと寄り添っている。ラブラブ(死語?)だったんだぁ・・・

現在の日本フィギュアの盛況ぶり、これは突然変異的なものではなく、昔の先人たちから脈々と引き継がれてきたものなんだ、そう感じる。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

リスペクト 

 

この映像はカナダのトロントで昨年催されたアイスショーのようだ。会場全体に熱烈なリスペクトのような空気が感じられて、観ていて胸が熱くなってくるほどだ。

カート・ブラウニングがドン・ジャクソンという偉大なる先輩を盛り立てているようで、まずそこが素晴らしい。会場もドン・ジャクソンをリスペクトしているようで、そこも素晴らしい。観客の多くはドン・ジャクソンが世界選手権で優勝した時、まだ生まれていなかったのではないだろうか?カートは1990年代まで活躍した選手だから人々の記憶に新しいかもしれないが、ドン・ジャクソンの場合は1960年代、1962年に引退した選手なのだ。

でも彼の偉業のことは皆知っているのだろう。そんな雰囲気が会場に溢れている。

ところで、ドン・ジャクソンって何歳なのだろう?

えっ?77歳?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

開拓者精神 

 

先の動画でパットさんと共に滑っていた人、カート・ブラウニング、ブライアン・オーサーは有名だと思うが、ドン・ジャクソンについては、あまり知られていないかもしれないと思う。

1962年の世界選手権金メダリスト・・・と言うよりは、初めて公式試合でトリプルルッツを成功させた人として名高い。現在でもルッツジャンプは高難度のジャンプとされている。1962年当時、ルッツ成功という偉業は、人類が新たな歴史を築く・・・のような意味合いも含まれていたに違いない。トリプルルッツはドン・ジャクソンの成功後、10年以上も成功させた選手はいなかったらしい。それほど難しいジャンプだったのだ。「えっ、もしかして本当に降りちゃった???」みたいな?

そもそもカナダの選手は開拓魂旺盛のところがある。初めて○○を成功させたという選手が多いのだ。1962年、ドン・ジャクソンが初めてトリプルルッツに成功。1978年、ヴァーン・テイラーが初めてトリプルアクセルに成功。1988年、カートブラウニングが初めて4回転トゥループに成功・・・すべてカナダの選手だ。

その「初めての・・・」という技に挑戦し、スケート界のジャンプレベルアップに貢献した選手もカナダ人だった。ブライアン・オーサーとかエルヴィス・ストイコとか。

いきなり政治家の話になるが、カナダの首相、非常に若いよね。ジャスティン・トリュドー、45歳。各国の首脳が並んだ映像などを見ると、彼だけイケメンぶりが目立ってしまう。開拓魂というものが、一国をイケメン(?)に託すという勇気のようなものと関係しているのかもしれない。失敗するかもしれないが、やってみようよ・・・みたいな?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

パットさんの夢実現 

 

動画に出てくるパットさん、58歳からフィギュアスケートを始め、現在80歳。カナダのアダルトの大会などにも出場している。真剣・・・ということなのだろう。衣装も考え、振り付けもあるわけだから。彼女が58歳で初めてリンクに立った時、「絶対にトリプルサルコウを成功させるのよ!」という想いはなかっただろうと思う。でも「健康のために、ボケ防止のために・・・」ということだけでもなかっただろう。では目的は何だったのだろう?

ピアノでも熟年生徒はこれからもっと増えてくるだろう。その場合の目的は?「認知症の予防にいいと思って」熟年生徒は体験レッスンなどで、そう言うかもしれない。「それなりに上手くなりたいんです」という想いがあったとしても、直接先生に言うのは勇気が必要だったりする。「趣味なのでぇ、楽しければいいです」だけではないはずだ。でも「指を鍛えてショパンのエチュードを制覇したいんですっ!ビシビシお願いします」というわけでもない。その中間・・・みたいな?

この「中間」という微妙なところ、ここが難しい。生徒も先生も。どこか教室側がいつまでも昭和のピアノ教室的なものを漂わせていると、この微妙な想いが反映されにくいのではないか?例えば、今時「趣味コース」とか「音大進学コース」のような振り分けがあったりするとか。実際にそこまでのコース分けはしていなくても、どこか「趣味?では楽しく」と「本格的に?では音大?」みたいに両極端になってしまうというか?違うんだなぁ・・・その中間なのよ・・・

人間、何歳になっても成長できる・・・ということ。それがスケートだろうがピアノだろうが具現化できればいい。各々の分野だけではなく社会的にもマチュアになっていけばいい。「まぁ、80歳でスケート?素敵じゃない。私も新体操に挑戦してみようかしら?80歳まで5年もあるし」みたいな?それが普通の世の中になればいい。

スケートよりはピアノの方が具現化しやすいように思う。でも阻んでいるのがピアノのレッスンそのものが昭和的だということ。なんとなく練習をしてレッスンまでに、それなりに「仕上げていく」という昭和的なものが今も残ってはいないだろうか?レッスンとは練習の成果を聴いてもらい、何かを言ってもらう・・・みたいな?そのような感覚だと、生徒側としてはどうしても「こんな状態では先生に失礼だわ」という気持ちになる。最低限失礼ではないラインが存在する・・・みたいな?

そうではなく、レッスンって「先生と一緒に探す」みたいな感覚になっていけばいいように思う。むろん、練習は必要だと思うが、「こんなに弾けないとヤバいのでは?」みたいなことではなく、できないところは一緒に・・・

パットさんは頑張ってきたのだ。真剣に。「今からトリプルジャンプを」ではなく「楽しく滑れば健康にもいいでしょ?」でもなく。

「カート・ブラウニングと一緒に滑りたい・・・」パットさんの夢は実現した。何歳になっても夢は持てるし、持っていれば実現するものなのだ。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top