ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

ダンス・ダンス・ダンス 1985 ③ 

 

ジュディ・ブルンバーグ&マイケル・シーバートというアメリカのカップルの演技を初めて観たのは西ドイツのドルトムントでの1980年の世界選手権。フリー演技の採点で、芸術点で西ドイツのジャッジが彼らに対して極めて低い評価を出した。地元西ドイツの観客席から非常に盛大なブーイングが沸き起こった。会場を揺らすほどだったかな?そのことで印象に残っている。女子シングルでのフリーでも似たようなことがあった。日本の渡部絵美選手に対してのジャッジの評価が低いと、やはり観客席からブーイングが沸き起こった。いわば、渡部選手は、地元西ドイツのルルツ選手のライバル的存在だったのだが、その選手の評価に対して低すぎると西ドイツの観客からブーイングが起こったので、非常に印象に残っているのだ。

ブルンバーグ&シーバート、トーヴィル&ディーン、そして彼らを追うソビエト勢に次ぐ位置にいただろうか?1985年の世界選手権までに銅メダルを二回獲得している。当時、イギリス、そしてソビエトのカップルに対抗しメダルを獲得するのは非常に大変だったに違いない。でもメダルを狙った1984年、サラエボでのオリンピックではメダルを逃してしまった。その直後の世界選手権では銅メダルを獲得したので、もう彼らはそのシーズンで引退するものと僕は思っていた。長年頑張ってきたのだもの・・・ずっとトーヴィル&ディーン、そしてソビエトのカップルに追いつこう、追い越そうと頑張ってきたのだもの。

なので、東京での世界選手権に再び彼らが引退せずにやってきた時は少し驚いた。「まだやるんだ・・・銅メダル二個あればいいじゃない?」

ここからは僕の個人的な憶測になる。彼らにとっての1985年、点数や順位はどうでもいい・・・とまでは言わないが、もっと別のことを具現化しようとしていたのではないかと・・・

ずっと彼らは自分たちよりも上の人たちを追ってきた。そして実際に向上してきた。「彼らに対抗できる演技を!」「もっと上を目指せる演技を!」

それまでの銅メダルは彼らにとって価値あるものだったと思う。追って、追いついてきた結果なのだから。でもやり残したこともあった、そう彼らは感じたのではないか?それは「自分たちにしかできないダンス」というもの。追うのではなく、自分たちを表現する、アメリカのスケーターにしかできないダンス、来年、もう一度だけ東京でそれをやってみたい、ライバルは他国のカップルではなく、自分たち自身。人を追うのではなく、自分たち自身を表現する・・・

東京で再び彼らは銅メダルを獲得した。この演技はアメリカ人である彼らにしかできなかった演技だ。

「自分たちにしかできないフリー」で彼らは銅メダルを獲得したのだ。

1985年フィギュアスケート世界選手権 アイスダンス結果

一位  ナタリア・ベステミアノワ&アンドレイ・ブキン(ソビエト)
二位  マリナ・クリモワ&セルゲイ・ポノマレンコ(ソビエト)
三位  ジュディ・ブルンバーグ&マイケル・シーバート(アメリカ)

1985年、東京は熱かった。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

ダンス・ダンス・ダンス 1985 ② 

 

個人的に最も好きな演技が二位になったソビエトのクリモワ&ポノマレンコのカップル。僕はこのような古典的(?)演技、ステップ中心のプログラムが好きなんですね。雄大に一つのストーリーを表現する・・・というよりは、踊りを特徴づけているリズムに合わせ、ステップを踏んでいくのような演技。

「ああ、ラテンダンス!!!」というこの雰囲気が好き。フロアダンスをそのまま氷上で踊っているような?まさに「アイスダンス」という感じだ。

このカップルは緻密というか、正確な技術が凄いと思う。そしてそれが全面に出ないというところ。このあたりは素晴らしい音楽表現と似たようなところか?ユニゾンで滑るようなところ、二人のエッジの角度まで揃えてきているのでは?ダンスなのだから当たり前なのかもしれないが、凄いと思うな。

今は、このようなプログラムはアイスダンス競技では見られなくなってしまった。将来、ダンスでもペア競技のようにスロージャンプが登場してしまうかもしれない。

ダンスはやはり「ステップ」でしょ?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

ダンス・ダンス・ダンス 1985 ① 

 

もう30年以上昔のことになるんだね。つい最近の出来事のように記憶は鮮明だ。1985年、東京でフィギュアスケートの世界選手権が開催された。僕も会場で観戦したが、おそらく今の競技会の雰囲気とは異なっていたのではないかと思う。まず、メダル争いに日本人選手が全く絡んでいなかったこと、会場には空席が目立ち、フィギュア人気が今のようではなかったこと、アイスダンスが人気種目であったこと等々・・・

ダンス人気の要因としては、トーヴィル&ディーンのカップルの存在があったと思う。あの「ボレロ」の翌年の世界選手権ということになる。僕も含めて、むろん彼らの演技を生で観たかったという人は多かったであろうが、時代を築いた彼らが引退し、その功績を引き継ぐような演技を直に感じることのできた大会であったとも言える。

金メダルの獲得したのはソビエトのベステミアノワ&ブキンのカップル。この人たちはトーヴィル&ディーンが金メダルを独占していた時代、ずっと銀メダルを独占していたカップルだ。1985年、新しい金メダリストは当然この人たちという前評判はあった。

今のようにネットの動画配信などというものはなかったので、彼らの「カルメン」を、この日初めて観たという日本の観衆は多かったように思う。

「ダンスって、こんなに凄いんだ!!!」のような興奮が会場を包んでいたように思う。

1985年、たしかに今の競技会のような盛り上がり(?)には欠けていたのかもしれない。黄色い声援もなかったし、選手たちをアイドルのように追いかける人もいなかった。まぁ、日本人選手の活躍が今のようではなかったというこもあるだろうが、特定の選手を応援するというよりは、この時の東京の観衆は、フィギュアスケートという競技そのものを堪能していた・・・という雰囲気に満ち溢れていたように思う。「この人たち凄いね、でも前に滑った人たちの演技も好きだな」「スケートっていいね・・・知らなかった」みたいな?この年のダンスメダリストたち、各カップルの個性が際立っていたように思う。順位としては一位から三位まで、妥当だったと思う。でも観衆の受け取り方としては、一位よりも三位が劣っているという感じ方ではなく、「それぞれ良かったね、僕はこのカップルがいいと思ったけど、あちらも良かったね」「私はあのカップルの演技が好きだったわ、でもあなたがいいと思ったカップルの演技も素敵だったわ」のような、公平というか、演技そのものを堪能していたように思う。順位とか成績ではなく、演技を・・・

この30年以上昔の会場の雰囲気、現在のスケートブームの雰囲気よりも劣っていたということはないように思う。

金メダル、ソビエトのベステミアノワ&ブキンの演技。それにしてもタラソワコーチ、若い!

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

ファッシ伝説 

 

現在のフィギュアスケートの有名コーチというと誰だろう?ブライアン・オーサーだろうか?二人のオリンピック覇者のコーチというのは大きい。彼もだが、僕はフランク・キャロルとか、崇拝したりしている。どのような指導をしているのだろう?

ジョン・カリーのコーチ、オリンピックでのフリー演技の動画で演技後ジョンを迎えていた人はカルロ・ファッシというコーチ。名前から分かるようにイタリア人。むろん、かつては選手だったが、コーチになってからの功績が凄い。僕が知るだけでもジョン・カリー、ペギー・フレミング、ドロシー・ハミル、そしてロビン・カズンズと4人のオリンピック覇者を育てている。インスブルック・オリンピックでは男女シングルの金メダリストが、このファッシ門下(?)だったということになる。

ロビン・カズンズは1980年、レイクプラシッド・オリンピックの金メダリスト。二大会続けて男子シングルの金メダリストを指導していたんだね。

ファッシ指導で有名なのが、規定演技、つまりコンパルソリーの重視だ。基礎的なエッジのさばきかた・・・のようなことを徹底させる。まぁ、これはフランク・キャロルなどもそうだと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top

芸術としてのスケート 

 

ジョン・カリーと言えば、オリンピック覇者ということよりも、プロに転向してからの芸術的フィギュアの方が印象に強い。この「シェエラザード」はアマチュア時代にも演技していたように思う。つまり現役時代から自分でも振り付けをしていたことになる。

衣装を自分でデザインし、振り付けにも凝る・・・このようなスポーツよりは芸術・・・のような方向性は、このジョン・カリーという選手が先駆者だったのではあるまいか?

スケート界に大きな影響力を与えたであろう選手だったのだ。でも彼は、たしか44歳という若さで亡くなっているはずだ。エイズだった。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: The Skaters

tb: --   cm: 0

△top