ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

諸国民の中の正義の人 

 

下呂温泉から地図を下に辿っていくと、八百津町という小さな町がある。ここには杉原千畝の、これまた小さな記念館がある。杉原千畝は、最近でこそ彼の功績が映画化されたりして、多少は有名になった感があるが、少し前まではその名前すら知られていなかったのではないだろうか?

イスラエル政府は杉原千畝にヤド・ヴァシェム賞を与えている。勲章みたいなものであろうか?ヤド・ヴァシェム賞よりは「諸国民の中の正義の人」と表した方が分かりやすいかもしれない。ユダヤ人たちを、自分の命の危険さえ顧みずに助けた非ユダヤ人への功績を讃えた賞。日本人では唯一、杉原千畝だけが受賞している。この賞を授かった人、有名なのは、これも映画化されたオスカー・シンドラーあたりかと思う。

リトアニアのカウナス、ここの日本領事館の領事代理として多くのユダヤ人のためにヴィザを発行した。日本政府の正式な判断ではなく、杉原千畝の独断での発行だったらしい。これは外交官としては、ある意味失脚・・・を意味していたのかもしれない。それでもヴィザを発行した。映画の中でもこのようなセリフがあった。

「僕がすべてを失っても君はついてきてくれるかい?」妻の幸子に言うセリフだ。

カウナスに杉原千畝の記念館があるらしい。でもリトアニアは遠い。岐阜県は杉原千畝の故郷。だから記念館があるのだろう。旅の最後の訪問地に相応しいように思う。

戦後、日本の外務省は杉原千畝の功績を長い間認めなかった。杉原千畝という外交官の存在すら否定していたらしい。命を助けられたユダヤ人が戦後日本を訪ねてくる。「命の恩人なのです。生きていたらまた会いましょうと約束しました。これが彼が書いてくれたヴィザです。今彼はどこにいるのでしょう?」外務省の答えは「センポ・スギハラなどという人物は存在しません」というものだった。

チウネという名前が外国人には発音しにくいだろうと、彼はよく「センポと呼んでくれ」と言っていたらしい。千畝をセンポ・・・と。外務省としては、本名ではないのだから「そんな人物は存在しない」と答えたのだろうか?お役所とはそういうものなのか?分かりそうなものじゃないか?おそらく訪ねてきたユダヤ人たちはカウナスの領事館というような情報は言っていたはずだ。

杉原千畝の存在が長い間知られていなかったのには、日本側の対応にも理由がありそうだ。日本政府が杉原千畝の功績を正式に認めたのは、なんと2000年ということだ。戦後何年経っているというのだろう?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

諏訪湖の謎 

 

来月の旅行、初めは飛騨高山、下呂温泉という岐阜方面だけの予定だった。下呂温泉は日本三大名湯の一つだし、飛騨高山には古い街並みも残っているとか。飛騨牛も美味しそう。

東京から飛騨地方へは車だと中央自動車道を使って松本IC経由で一般道・・・というルートが一般的だろうと思う。諏訪湖は初め予定にはなかった。

たしか「ああ、野麦峠」という映画で有名になったと思うのだが、諏訪湖は、かつての女工哀史と関連が深い。飛騨地方から少女たちが徒歩で諏訪湖畔の岡谷という街の工場に働きにきていた。飛騨が恋しくなると、諏訪湖に佇んでいたのかなぁ・・・などと思う。さらに諏訪湖には謎があるのだ。諏訪湖は飛騨地方に行く途中にあるし、謎というよりは古代のロマンを感じながら湖畔に佇んでみるのもいいかもしれない。そう思ったのだ。

ニューヨーク時代のルームメイトはユダヤ系ポーランド人だった。こちらは英語でさえ四苦八苦しているのに、彼は何か国語も堪能だった。英語とポーランド語の本を読んでいることが多かったように思うが、ちょっと変わった文字の本を読んでいることもあった。蛇がのたうち回るような、そんな文字だった。

「それって?」「ああ、これはヘブライ語だよ」

なんとなくアラブ諸国の文字、ギリシャの文字のようだと思った。そのヘブライ語堪能の彼が、僕の日本語の本を見てこう言ったのだ。

「それ、日本語の本かい?」「ああ、日本語だよ」「なんだかヘブライ語と文字の形が似ていないかい?」

彼は漢字ではなく、平仮名や片仮名を指さし、「やっぱり似てるよ」と言った。僕は日本語の文字がヘブライ語の文字と似ているとは思えなかったが、彼はそう感じたらしい。「とても興味深いね。そもそも日本の文字は中国からだろう?ヘブライ語の文字と似ているなんて不思議だな」「ええ・・・?似てるかなぁ???」

諏訪信仰、その大元締めである湖畔の諏訪大社。なんとユダヤの文化とつながりがあるらしい。

「本当か?」

この動画を観て、「ああ、そうだったんだぁ!」と百パーセント信じる気にはなれないところもある。バラエティー番組というのがちょっと・・・と思う。でも壮大なるロマンではないだろうか?

真相究明というものは僕にとって重要だろうか?謎とロマンを感じながら諏訪湖の湖畔に佇む方が幸せなのではないだろうか?少なくとも楽しそうではある。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

ピアノブログから旅行ブログへ・・・ 

 

このブログを立ち上げる時、ちょっと迷ったことがある。「ピアノブログを書こうか、それとも高級旅館ブログにしようか?」ということ。身分不相応なのは充分、分かってはいるのだが、高級旅館滞在が好き。僕の収入で京都の御三家に宿泊するなんて、本当はありえないことだと思うが、でも趣味・・・なんだよね。修善寺の「あさば」などもいいなと思うけれど、個人的に好きな宿は飯坂温泉の「御宿かわせみ」という福島県の旅館。なぜかここが好き。

なぜにピアノブログにしたのかというと、基本的に僕は「~しました」的な文章が苦手。旅館滞在記って旅行記みたいになるので、僕は書けない。小学生の作文のような文章になってしまう。「これは夕食の焼き物です。おいしかったです」「これが露天風呂。気持ち良かったです」みたいな?あとは、ブログにするとなると、いちいち写真を撮らなければならない。これが面倒。皆さん、全部撮影していますよね?到着から部屋の水回りから食事から全部。これはとても僕にはできない。

でも人のブログを読むのは好き。ピアノブログよりも旅館ブログを徘徊することのほうが多い。何人か、そのようなブログのブロガーともネット上の知り合いだったりする。情報交換をするわけです。「ここはいいよ~」とか・・・

来月、諏訪湖方面に旅行する予定。諏訪信仰とユダヤ教との密接なつながりに興味を持ったので。諏訪湖だけを訪れるわけではないが、諏訪湖の宿に宿泊と考えるのが普通だろう。でも好みの宿がなかなかない。諏訪湖ビューの大規模な宿が多かったりする。個人的にはこじんまりとした宿が好き。部屋数10~20ぐらいの・・・

「諏訪湖ねぇ?あまり知らないな・・・」「あのあたりって山中湖とか河口湖のような感じなんじゃない?観光旅館のような?」旅館ブロガーたちはそう言う。小規模で落ち着いていて、それなりに非日常性を演出してくれていて・・・子どもが走り回っていないような旅館、団体さんが宴会していないような旅館。

「それだったら蓼科にしたら?諏訪からも遠くないし・・・」

ブロガーたちのお勧め宿は一致していて「たてしな藍」という旅館。そこを予約した。

「たてしな藍だったら、そこから近いところに是非行ってみたらいいと思う場所がある。池なんだけどね・・・」「池???」

調べてみると、ため池らしい。周囲には何もなく池だけ。「ため池かぁ・・・」

でもこれを見たら行きたくなってしまった。

ピアノブログではなく旅行ブログを書こうかな・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

モーツァルトとダンス 

 

事故死の場合、いつ死ぬかということを予想して生活していたわけではないはずなので、事故死した演奏者の演奏から「死の予感」のようなものを察知するようなことは普通はないのだろう。

そもそも、演奏というものを聴く場合、演奏者の、いわばプライベートな出来事を含んで聴くということはどうなのだろう?純粋に音楽そのものを聴くべきではないか?

そうは言っても、聴いている人も人間。機械ではない。様々な感情を持ち、音楽を聴く時には、その感情に触れることもあるだろう。演奏者についての情報が演奏そのものの印象に何らかの影響を及ぼすということは皆無とは言えないような気もする。

デニス・ブレインは自動車事故により亡くなっている。事故死ということになる。亡くなる瞬間まで「自分は死ぬのだ」ということは感じていなかったと思う。彼の演奏から死の予感のようなものを感じとることは難しいはずだ。

モーツァルトのホルン協奏曲。なんとマイルドな演奏なのだろうと思う。このようなモーツァルトを聴くと、悲壮感の漂う曲ではないだけに、余計にモーツァルト自身も若くして亡くなったんだなということと結びつけて聴いてしまう。このような感じ方は邪道なのだろう。演奏そのもの、楽曲そのものを感じるべき・・・

そうなのだろうが、この演奏から、ある光景を切り離して聴いてみるのは難しい。ある光景が浮かんでくる。二人は同じような年齢で亡くなっている。二人は今、雲の上でダンスをしているのではないかと・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

ブログの難しさ、それぞれの意味合い 

 

いくつか前のカぺルの記事について鍵コメがあった。鍵コメなので、その文章をコピーしてここに張り付けるわけにはいかないし、そのつもりもない。攻撃メールのような内容ではなく、僕の文章が新たなデマの発進元になってしまうのではという内容だった。

カぺルの訃報を聞いたホロヴィッツが「これで僕が世界一だ」と言ったというエピソード。個人的にはホロヴィッツが言ったとは思えないし、ブログでも「本当に言ったとは思えないが・・・」とは書いている。でも言葉足らずだったかもしれないとは思っている。

ホロヴィッツが言ったとされる、この言葉は、ネットで知ったのだと思う。また、当時のホロヴィッツの状況から考えて「世界一だ」などと言ったとは思えないといった内容の文章もネットで読んだ記憶はある。ネットでなく何かの印刷物だったか、そのあたりの記憶も曖昧だ。

ネット(ブログ)という媒体に文章を書くのならば、そのエピソードなりの出典を外国語の資料まで含み、分析して書く、つまりブログを書く時には、そこまで調査して書かなければならないというのも、ちょっと大変なような気もしている。

自分としては、僕のブログがそれほどの影響力があるとは思ってはいない。ブログ村のランキングというものも気にしない方だと思う。何位ぐらいをキープしていたいという欲求はない。ただ、ブログ村のピアノランキングを開いた時に、最初のページには留まっていたいな、50位以内にはいたいなとは思ったりしている。

最近は、このブログのハンドルネーム(つまりkaz)でピアノを弾いたりしている。聴きに来てくれる人は、リアルな知り合いという人よりも、ネットつながりの人が多い。「ブログいつも拝読しています」のように言われることが増えてきた。また「ブログを読んで演奏を聴いてみたいと思っていました」とも言われたりする。ブログを書く、その文章が発信されるということについて、もう少し慎重になってもいいのかもしれない・・・などとは少し思う。

思うけれど、このブログは論文のようなものにはしたくはないという想いも強い。ある人間の生活と密着した音楽との関わり・・・のようなものを書きたい、共有したいという欲求は、これからも変わらないようにも思う。カぺルに関しての文章もそうで、カぺルというある時代を一瞬で駆け抜けてしまった一人のピアニストを知ってもらいたいという想いから書いている。「ホロヴィッツって酷い人なのねぇ・・・」ということを書きたかったわけでは、もちろんない。ただそう受け取ってしまう人もいるかもしれない。そこが難しいところで考えてしまうところでもある。

自分自身、非常にまれな確率で生かしてもらっているという想いが強い。医療的に分析すれば、予後は決してよくなかった。なので生きているということに感謝しなければならないだろう。でもその想いを常にキープしているわけではない。なんとなく生活は続いていくような感覚でいるし、一時のような緊迫感は今の僕にはないのかもしれない。つまりだらけてきている、怠惰になってきている。

事故であれ、重篤な病であれ、非常に早く亡くなってしまった演奏家を聴くということは、僕にはとても大きな意味を持つ。「なんとなく毎日を過ごすなよ」「明日という日はあるかもしれないけれど、永遠には続かないのだよ」そのようなことを細胞レベルで認識できるような気がする。駆け抜けた演奏、そのような演奏を紹介したいという想いも非常に強い。

マイケル・レビンというヴァイオリニストを紹介したい。30代で亡くなってしまったと記憶している。たしか転倒して頭部を打ってしまったのが死因ではなかったか?天才と言われ、早々とその才能を披露していたけれど、長くは続かなかった。才能が枯れたというわけではないと思う。でも晩年は麻薬にも手をだしていたとか?

レビンはアメリカ人なので、本来なら英語の文献を、ネットなり印刷物を取り寄せて調べてからこの文章を書くべきだったのだろう。でもそれは大変だなと思うし、レビンの演奏から何かを感じてもらいたいという想いのほうが強い。

レビンには何かが起こったのだ。その何かは分からない。でも凡人の生活にも「何か」は存在する。それは小さな小さな豆粒のような出来事かもしれないけれど、生きていく以上何かはある。この演奏から聴いている人、それぞれの何かを感じてもらいたいという想いからブログを書いている。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top