ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

 

 

「私はとうとう日本に来たんだね。そして今、この国に恋している」・・・1958年、ガスパール・カサド初来日の時の言葉である。「数千の若い学生が、私の演奏を目を閉じてまるで祈るような恰好で無我になって聴いていました。これは日本の聴衆が、感動しているかどうかわからない、ということでは決してない。国民のサイコロジーの問題であって、日本人は決して恥ずかしいからとか、感動がないから自分の感情を外に出さない、ということではないのです。それは全然反対です」

この時、カサドは専属のピアニスト、ヘルムート・バルトを同行している。約一か月の滞在となった。カサドは日本での公演が決定すると、すぐに原智恵子に打診してきた。「二人でソナタの夕べをしませんか?」と。パリで知り合い、シエナで友情を育んできたチエコのことをカサドは忘れていなかったのだ。チエコは一度カサドの申し出を辞退している。「一度でも私が共演して東京の音楽家や批評家にまた何か言われてカサドの評価を落とされてはならない」と。

「招待された相手国の演奏家と共演することは、相手の国に敬意を表すことだと思っています」

円熟の巨匠、カサドについては絶賛の嵐だったようだ。「待望のカサドが聴ける。なぜもっと早く来てくれなかったのか、悔しいほどだ」(村田武雄) 「61歳のこの奏者は今まさに円熟の頂点にあるだけに渋み溢れた演奏をする。弓の使い方の巧みさ。フレージングの見事さ。音色の豊かさ。彼のチェロは本当に私たちの魂に話しかけてくる」(1958年、朝日新聞)

カサドとチエコによる「ソナタの夕べ」は実現した。日本のマスコミには無視される形となった。いや、一行だけの文が残った。「日本の演奏家とやるというのは、会の企画としてはおもしろいですね」(音楽之友)

カサドは日本を離れる際、チエコに告白した。「チエコをそばにおきたい・・・」

チエコがカサドの待つイタリアへ旅立ったのは1958年、12月のことだった。翌年の4月、カサドとチエコの婚約が日本の各新聞で報道された。週刊誌などには「子どもを捨てた鬼のような女」などと叩かれたりもしたらしい。当時、離婚というものは重かったのだろうと思う。

同年、5月9日、イタリア、シエナの聖チェチーリア教会で二人は結婚式を挙げた。

プロポーズの言葉は・・・という報道陣の質問にチエコはこう答えている。「ちょうど何万もある空の星の中から、偶然二つの星がある夜同時に流れるように演奏したのです」

チエコ、44歳、再婚。カサド、61歳、初婚。

「61歳まで独身を通してきた私は、独身主義者だと思われていました。世間が驚くのは無理もないし、世間が驚く以上に自分がチエコを知って驚いたのです。チエコが結婚の優しさを私に感じさせてくれました。もう20年早かったら・・・と残念に思います。チエコが私の最初で最後の恋人であり、妻であります」

kaz





にほんブログ村


ピアノランキング

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

エスプリへのバッシング 

 

石川康子著、「原智恵子 伝説のピアニスト」(ベスト新書)を読むと、なんだか居たたまれないような気持ちになる。

原智恵子が生まれたのは大正3年ということだ。当時のピアノの話題と言えば、当時ウィーンで自殺した久野久ではなかろうか?「本場では相手にされなかった」みたいなことが日本のピアノ界を駆け巡ったのではなかろうか?

原智恵子、7歳からピアノを始めている。意外と遅いスタートなのではないかと思う。師はスペイン人のペトロ・ビラべルデ。昭和3年、マルセイユ行きの船舶「香取丸」は一人の少女を乗せ横浜港を出航した。智恵子、13歳。そして後にパリ音楽院でラザール・レヴィに師事。プルミエ・プリにて卒業。このことは原智恵子が日本のピアノ界の派閥のようなものとは、一切関わりなくピアニストになったということを意味する。これは不幸なことだったのか、それとも幸せなことだったのだろうか?後年、原智恵子に対しての異常なまでの音楽界の重鎮たちの攻撃、これは原智恵子が派閥外であったということも関係はあるような気がする。

パリで音楽家としてのエスプリを身につけてしまった。当時の日本のピアノ界は、どこかドイツっぽい(?)ところもあったのではないか?フランスのエスプリとは衝突することもあっただろうと思われる。権力を持つ男性と対等に接してしまった、おそらくそのようなこともあったのだろう。

「そうですね、先生の仰るとおりですわ」とならず、「私はそうは思いません」と堂々と言ってしまった。

帰国後の凱旋リサイタル後、智恵子はこのような言葉を残している。「私、天才少女って言われるのは大嫌い。天才でもなんでもなくってよ。ただ勉強しただけ。それに私、もう少女じゃなくってよ」このような言葉が男には生意気と受け取られたのかもしれない。

パリ仕込みのピアノ、さらに容姿端麗、当時相当騒がれたのではないかと想像する。でも彼女には欠けていたものがあった。それは日本女性特有とされる「はにかみ」みたいなもの?「女ですもの。まだまだ至らなくて・・・」みたいなことを全面に出さなかったし、そのようなことは考えもしなかった。当時の日本で「恥じらう女性」ではなく「一人の人間」をしてしまった。

「あの女は生意気だ。男と対等に話などをする」若い女性が年上の男性に意見する、当時としては(今も???)大変なことだったのではないだろうか?衝突する男女、周囲はその内容さえ理解できす、ただ生意気な女という印象だけが残る・・・

聴衆からは絶大なる人気があった。彼女の残された録音を聴いても、それは理解できる。でも批評家、重鎮たちは原智恵子を無視、あるいは攻撃した。原智恵子の数少ない男性の理解者、新聞記者の板倉進は、ヨーロッパで活躍する原智恵子に対しての音楽界を牛耳る日本の男の重鎮たちの態度をこう表現(毎日新聞昭和28年)している。「黒っぽいドレッシーな服装、ツンとすまして気が強い。なんだ、お高くとまってと男たちは憤慨する。庶民的ではないのはたしかだ。それが積もり積もって陰口となる。とにかくこの国では損をする芸術家だ」

ある日本の評論家の原智恵子に対する言葉(批評?)が前出の書籍に掲載されている。かなり辛辣というか悪意のある文章だと感じる。この文章は活字によるイジメとさえ感じてしまう。

「私が原に初めて会ったのは、彼女が上京した時で、その時はバッハを今日と同じ正確さを持ってバリバリ弾いた。その印象が忘れられない。ある意味で、その時のバッハが彼女のすべてであるという気もする。断固たる音で、向こう意気が強い演奏家である。フランスでの教養は、むしろ仕上げに役だって、表面的なことだった。(中略)原のシューマンは、ロマンティックがかったものに深い情緒をだすが、安川のようにさらりとせず、ねばねばしたどこか人為的なところがある。レパートリーも安川のように広くはない。結局、安川は生粋の都会人、原は都会で磨き上げた土臭い無骨な田舎者の相違があるとでもいえるだろう。原は見かけは極めて剛直で、てこでも動くものかという顔をしている。だが案外気が弱い。頑張っているのは見かけだけだ。安川は見たところ柔和で優しい。いざとなるとなかなか意思が強固で原のように動じやすくない。二人の中なかで最初に涙を見せるのはどうも原である」(1951年、音楽之友)

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング



category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

ザワザワした気分 

 

東京に住んでいる人にはお馴染みの企業、ルミネ。ルミネってJR東日本系列だったんですね。だから駅に直結した駅ビルになっていたんだぁ。

資生堂のCMにはモヤモヤしてしまったけれど、このルミネのCMには「モヤモヤ+ザワザワ」という気持ちになってしまった。ちょっと息苦しくなってしまったほどだ。

それにしても「需要」って・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

モヤモヤした気分 

 

資生堂という企業、化粧品の国内シェアとしては1位なのだそうだ。世界でもシェア5位。女性の味方というイメージがあった。

昭和の時代、つまり僕などが若かった頃、ひどい話だが、女性の年齢をクリスマスケーキに例えることがあった。クリスマスケーキの売れ時はイヴの24日。クリスマスを過ぎるともう売れ残りという扱い。これを女性の年齢に当てはめてしまうのだ。

でも、こんな前時代的な例えは、さすがに平成時代には消滅したのかと思っていた。

なのに、なのに、女性の味方(?)であるはずの資生堂が、このようなCMを作成し放送されていたとは!

さすがに「セクハラでは?」みたいな抗議の声があり、放送中止になったらしいが。

世の反応として、「こんなことでセクハラとか、ちょっと騒ぎ過ぎじゃない?」「セクハラとかってすぐ言う女はブスに決まっている」「ええ?ポジティブでいいCMだと思うけど?」みたいな声も多い。

僕はイヤだなぁ、こんなCM・・・

どうしてこれが放送中止なの・・・みたいな声を聞いて(読んで)いるとモヤモヤしてきてしまう。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

虹色のマクドナルド、偏見のマクドナルド 

 

アメリカ人の知人、その人はサンフランシスコ(正確にはサンノゼ)に住んでいて、その人が教えてくれたのだが、マクドナルドのポテト(フレンチフライ)の紙の入れ物(でいいのか?)がレインボーなのだそうだ。この虹色というのはLGBTの色とされている。マクドナルドという大企業がLGBTの人たちを応援しているということになるのだろう。まぁ、日本では考えられないかもしれないなぁ・・・などと思っていたら、彼が突然「マクドナルドと言えば、日本では信じられないマクドナルドのCMがあったよね」・・・と。

僕は基本的には地上波のテレビ番組は観ないので、その「信じられない」CMのことは知らない。彼は「そうなんだ、知らないんだ」と言いつつ説明してくれた。日本のコメディアンらしき人たち(お笑い芸人ということだと思う)が出演していて、あるゲームをしている。そのゲームで負けた人は罰ゲームをさせられる。一人のお笑い芸人が周囲に押さえ込まれ、男性からキスされるというもの。それが罰ゲームなのだそうだ。「うわあ、気持ち悪い、やめてくれぇ・・・」みたいな感じらしい。

ちょっと調べてみたら、そのCMは本当にあったみたいだ。僕は出演していたお笑い芸人の名前さえ全く知らないし、その映像を実際に観たわけではないので(現在ネットでも削除されていて観ることはできない)、何とも言えないところはあるのだが、キスをする芸人は、実生活でも自分がバイセクシャルであることをカミングアウトしているらしい。される側はヘテロの男性のようだ。

う~ん、何とも言えない気分に・・・

そもそも、なぜこのような設定なのか理解できない。バイの男性、ゲイの男性は、男なら誰とでもキスをしたいという設定そのものが理解できない。知人もそのことに不快感を示していた。ヘテロの男性は、女性ならば誰とでもキスをしたい、あるいはセックスをしたいと思うものでもあるまい、ヘテロの女性は誰でもいいから男とセックスしたい・・・とも思わないだろう。バイだろうがゲイだろうが、同じではないだろうか?ゲイ(あるいはバイ)の男性も男であれば誰とでもキスしたいと思う・・・わけはないと思うが?何故にそのような設定のCMが流れてしまうのだろう?

このようなCMがあったらどうだろう?ある男が羽交い絞めにされている。そこへ50代の女性お笑い芸人が登場し、動けなくなっている男性にキスしようとする。罰ゲームだ。「近寄るな、女は若くなきゃダメだ。お前のようなババアは嫌だ。気持ち悪い、やめてくれ」・・・多くの女性はこのような場面、そして設定に不快感を示すのではないだろうか?違うかな?

やはり・・・と言うか、日本のネット上では「コメディータッチのCMなのだから、騒ぎすぎじゃない?」みたいな反応は意外に多い。そうかなぁ?これは差別になるのではないかと思う。

自分がゲイである、バイである、そう自覚するのは思春期の頃であっても不思議ではない。中学生とか、あるいは小学生でも高学年になれば可能性はあるだろうと思う。その時感じるはずだ。「僕は、私は普通ではないのかも?異常なの?」と。おそらく、両親も教師もメディアも積極的な理解、LGBTに対する理解を示すというのは日本ではまれであると思う。まずは心理的に孤立し、苦しむのではないかと思う。

マクドナルドのCMを友達と観る。友達は「ワハハ・・・」と笑うのかもしれない。でもゲイの子は傷つくのではないかな?さらに「僕はゲイだ。こんなCMで笑わないで欲しい」と言える子は何人いるというのだろう?カミングアウトなんて、日本では気軽にできるものではないだろう。だからゲイの子も笑うのだ。笑ってみせるのだ。周囲、そのような社会に合わせて。LGBTへ無理解な社会に・・・

この頃から自分を偽って演じていく辛さを、思春期の子に味わわせていいものだろうか?実際に多くのカミングアウトをしていない子どもが傷ついているのではないだろうか?実に不幸なことだと思う。たかがCMなのだろう。でも小さな差別、さらにはイジメであるようにも思えてくる。

これは日本と同じアジア、台湾の、それもマクドナルドのCM。同じマクドナルドでも随分と違う。全く違う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top