ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

音霊の鎖 

 

とても素晴らしいピアノ教師がいたとする。ちょっとしたアドバイスで生徒の演奏が変化する。「そこ、なんだか大変そうに弾いているんだけど、そこはこうしたら?」「あっ、弾きやすい!」とか「こうしたらこうなるんじゃない?」「あっ、本当だ!」みたいなレッスン。でも、そのような教師でも、生徒が何も感じていなければ、導いていくのは難しいこともあるのではないか?そもそも「あっ、本当だ!」と生徒が感じるということは、生徒自身の中に理想のサウンドが存在しているということのような気がする。

「こうしてみたら?」「変わったじゃない?」・・・「そうですか?何も感じませんが?」

「この曲、いいわよね?」・・・「別にぃ・・・」

そもそも、そのような人はピアノなど、わざわざ弾くだろうかという疑問が残ってくる。ノウハウによって、かつて生徒が感じた音霊体験が、今度は自分自身の演奏として具現化しやすくなるということはあるだろう。でも感じるということは生徒側の仕事(?)のような気もしてくる。

ピアノ演奏って結構(物凄く!)複雑で難しいものだから、どうしても各々の課題のようなものが目の前に立ちはだかってくる。「よし、課題克服ね」それは大事なことだが、ピアノを弾く究極の目的はそこではないだろうとも思う。聴き手は演奏者の課題克服を聴いて心が動くわけでもないだろう。火のように練習して「あっ、できた!」となっても、音霊というものから授かった自分自身の心の動きのようなものが伝わらなければ、聴いている人は困ってしまうだろうとも思う。「あんなに頑張ったのに・・・」そう演奏者は感じてしまうかもしれない。頑張り、克服は大事だが、人は演奏者の頑張りを聴きたいわけでもない。そこがシンプル、かつ難しいところだ。

クラシック音楽って拡散力というよりも、時代を超えて伝わっていくという特色があるように思う。CDショップの片隅に追いやられ、売り上げなんてJポップとは比較にさえならない。そんなジャンルではあるのかもしれないが、人から人へ時代を超えて伝わっていく。

ある演奏を聴いて、音霊を感じる。鑑賞者として、そこで終結してしまうこともあるし、それが音楽を聴くということなのだろうが、感じたものを自分でも触れてみたくなるという人もいるのだ。なのでピアノを弾いている・・・

音霊は、人から人と伝わって、伝承されていく。ここがクラシック音楽の素晴らしいところだ。鎖のように音霊は時代を超えて連鎖していく。

選ばれたピアニストだけが音霊を感じることができるのだろうか?万人が持っている能力なのではないか?それは学歴、習っている期間、何も関係ないのではないか?感じるかどうか・・・

弾けてから、上達してから・・・ではなく、まず音霊を感じることが先なのかもしれない。だからその曲を練習するわけだから・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

音霊 

 

「どうせ私なんか・・・」こう思って生活していると、神様(いるのか?)は、「ああ、この人は、どうせ・・・と思って生きるのが好きなんだな」と判断し、そのような状況をさらに与えてくれるのだそうだ。思うだけではなく、それを言葉にして書いたり言ったりすると、さらに強いエネルギーとして、その人を支配してしまうらしい。言霊・・・

音が入ってくる瞬間がある。生活していて、他の人たちは素通りしてしまっているけれど、自分には入ってくる瞬間。音霊が入ってくる瞬間。「ああ、なんていい曲なんだろう」とか「素敵な演奏・・・」と心が立ち止まる瞬間。

ピアノを弾いている、或いは、ピアノでその曲を弾こうと思った動機のようなもの、、それに直結するようなものだ。音霊が入ってきたのだ。音の高低の連なり、音の重なりの変化・・・そのような音霊が心を立ち止まらせたのだ。

「ああ・・・」というこの瞬間を大事にしたい。ピアノ歴などは、人それぞれ。大人になって始めた人だっているし、専門機関を卒業した人だっているだろう。厳しい訓練というものを重ねてきた人だっているだろう。でも音霊は各自のピアノ歴、音楽歴に関係なく入ってくる。気づくか、気づかないか・・・

ピアノの練習って、非常に日常性のあるものだから、ついつい、なんとなく練習してしまう。音符を音にしていく、弾けない・・・という箇所を弾けるようにしていく。その繰り返しになってしまう。そこに音霊という考えを入れてみる。心に音霊が止まる、感じるということは学歴などには関係ないことなのだ。「なぜ私はこの曲を弾きたいと思ったのだろう?」

「次の練習会、この曲なんかいいかもね・・・」以上の動機が必ずあるはずなのだ。心を奪われた箇所、音霊が入ってきた箇所があるはずなのだ。

一応弾けるようになってから・・・ではなく、曲に入る瞬間から必要なこと、自分が魅せられたという瞬間を、片手でゆっくりでいいから、再現してみるのだ。間違えてもいいのだ。自分で「ああ・・・これこれ、これなのよ」という音霊を再現してみる。譜読みの瞬間から・・・

印刷された音符を、ただアウトプットしようとするのではなく、心にインプットされた瞬間、その箇所を逃さない、「ああ・・・この曲・・・」とインプットされた音の魂、もしかしたら、○○音大卒業、○○音楽院留学、○○コンクール入賞、CDも〇枚発売中・・・という人よりも、あなたは音霊を感じたのかもしれない。弾けるようになってから・・・ではなく、音の魂を感じたというところを忘れないことが弾けるということになっていくのかもしれない。

あなたが音に立ち止まった瞬間・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: ピアノ雑感

tb: --   cm: 0

△top

ハイソなお芸術? 

 

バレエは好きだ。でも知識は皆無に近い。僕の最も好きなバレエは「ドン・キホーテ」で、つまり派手な演目が好きだったりする。ミーハーなのかもしれない。ドンキのバジル、是非ワシーリエフの舞台は実際に接してみたい。キトリは誰でもいいが・・・

ニューヨークに住んでいた時にはアメリカン・バレエ・シアターの会員になっていて、バレエは結構観たような気がする。でも基本的にはミーハーなので、スターが出演する派手派手な演目ばかり観ていたような?

帰国後、誘われてバレエを観た。たしかにバレエからは離れていたねぇ。演目は「パキータ」だったと記憶している。外国のバレエ団の引っ越し公演ではなく、日本のバレエ団の公演だった。とても誠実というか、立派な舞台だったように思う。「パキータ」は華やかなバレエだと思ったが、アメリカで体験してきたバレエ鑑賞と比較して、どこか客席の盛り上がりに欠けるような気はした。一応拍手はある。でも「わっ!」「キャッ!」というような客席の盛り上がりがないのだ。

客席もピアノの演奏会などと比較すると、お上品な人が多かったような印象だ。ハイソなマダム・・・みたいな?

アメリカン・バレエ・シアターの公演では、客席の盛り上がりが凄いのだ。凄いのだ・・・と書いたが、僕のバレエ体験はアメリカでのものなので、バレエとは盛り上がるものだと思っていた。でも日本でのバレエは、どこか「おハイソ」であり、客席には静謐な空気さえ漂っていた。まぁ、クラシックバレエだし、芸術だし、それが普通なのかもしれないが・・・

アメリカ人は特に陽気なのだろうか?正直というか?派手な技に対しては素直に反応がある。「ワ~オ!」「キャーッ!」みたいな?芸術に対しての真剣さが欠けているのだろうか?少々軽薄なのか?

でも、日本でも歌舞伎に関しては「盛り上がり」を感じる。僕は「藤娘」ぐらいしか知らない超素人(?)だけれど、贔屓の役者が出てきた時の歓声など、アメリカのバレエファンとそう変わらない印象だ。歌舞伎では正直なのにバレエでは何故?

西洋文化が輸入された・・・みたいなことと関係しているのか?音楽に関しても、ちょっとそのような「おハイソ」な部分もあるような気はするし・・・

「海賊」というバレエは好きな演目だった。まぁ、派手なので。これもオシポワとワシリーエフ。ワシリーエフのアリだったら、これぐらいの歓声は上がるだろうとは思う。それにしても客席盛り上がってるねぇ・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 未分類

tb: --   cm: 1

△top

スポーツか芸術か? 

 

スポーツにおいて、いわゆる芸術性というものを絡んで語られたりするのがフィギュアスケートなのではないかと思う。そしてスポーツと芸術ということで、しばしばバレエと比較されたりもする。

フィギュアスケートとバレエ、共通点のようなものはあるのだろう。まぁ、フィギュアスケートはピアノ演奏にも共通点は多いように思うが。

フィギュアスケートがバレエと比較されることはあるが、逆は少ないような気がする。バレエからフィギュアスケートを連想したり、共通点が語られるということは少ない。そもそも芸術を語っているときに、スポーツというものと比較したり、話題にしたりする時、それはいい意味ではないことが多い。「演奏はスポーツではない」とか「スポーツ的で技巧は高度だが・・・」みたいな?

どのバレエでも、グラン・パ・ド・ドゥの場面は、いわゆる見せ場であることが多いので、個人的印象としては、非常にスポーツ的な快感を観ていて感じることが多い。高度なフェッテなど、4回転をクリーンに着氷した時のような興奮さえ感じたりする。

フィギュアスケートの4回転も、バレエの華やかな技術の場面でも「人間技ではないよな」みたいな興奮を覚えるのだ。そこか共通している部分ではないだろうか?

どこか日本では「お芸術」というものは「快感」というものと一緒にしてはいけないような、そんな禁欲的なモードがあるような?

オシポワとワシリーエフの「パリの炎」、このグラン・パ、快感・・・という感じなのだが・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

フリルの世界の中で 

 

昔は男の子がピアノを習っているなどというと、まぁ、色々と言われたりしたものだ。「男のくせにピアノ?」みたいな?最近は変わってきたのだろうか?「ピアノ男子って素敵!」みたいな?

フィギュアスケートだとどうだろう?やはり女の子の世界なのだろうか?でも最近は日本の男子シングルは強いので、あまり「男のくせに」なんて言われないのかもしれない。

バレエだとどうだろう?少なくともピアノよりは男の子(男の人)にとっては肩身が狭いというか、何かしら言われたりするなんてことはあるような気がする。男性お断りなんてバレエ教室もあるらしい。まぁ、これはピアノ教室にも多いらしいが。

「男の子は逞しく育てる」みたいな固い考えの親だと、もしかしたらバレエを習いたいという男の子に対して「男の子なんだからサッカーとか野球にしたら?」なんて言ってしまう親もいるのだろうか?この場合、その男の子は非常に傷つくと思う。親が何気なく言ったとしても。「バレエが好きだなんて、僕はおかしいのだろうか?」この思いは、やがて自分否定になり、その男の子はかなり苦しむはずだ。

今のところ、やはりバレエはフリルの世界なのだろうか?

イワン・ワシーリエフというバレエダンサーがいる。むろん、バレエ界では大スターなのだが、一般的にはどうなのだろう?一般的にバレエって、どうも女性的と思われているのではないだろうか?オデット姫、オーロラ姫、チュチュ・・・フリルの世界・・・綺麗な女の子が憧れる世界。そのような部分もあろうが、イワンのような人もいるのだ。これも「バレエ」なのだ。

「僕、バレエ・・・やってみたい」

絶対に「男の子でしょ?バレエじゃなくて他の事をしたら?」なんて言ってはいけないのだ。その子は一生傷を抱えていく。こう言ってみてはどうだろう、「頑張ってイワン・ワシーリエフのようになれるといいね」と。

kaz




にほんブログ村


ピアノ ブログランキングへ

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top