ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

パフさんの素晴らしい言葉 

 

大変恥ずかしいことに、僕はフルート奏者のエマニュエル・パユの名前をエマニュエル・パフだと長い間思っていた。何故だろう?おそらくピアニストのスティーヴン・ハフの名前と、どこか一緒になってしまい、パユ→パフと思い込んでしまったのだと思う。CDのジャケットやネットなどで彼の名前が黒々と「パユ」と書いてあっても、僕は「パフ」と堂々と読んでいた。

ああ、サークルの打ち上げなどでパフ・・・とか言わなくてよかった。ブログにもフルート奏者のパフと書かないでよかった。

さて、そのパユさんだが、舞台での演奏に関して、心の持ちようというのかな、とても素晴らしいことを言っている。彼の言葉を受け入れられるかどうか、そこで精神の若さが試されると思う。

「だってパユさんは、ベルリン・フィルの首席奏者で、ソリストとしてもCDなんかバンバン出している有名演奏家でしょ?パユさんはそうかもしれないけど、自分には当てはまらないわ」

僕も一瞬、そのように感じるところもあった。でも、「私は○○」という固定観念に縛られてしまうのが、精神的な老いだとも思う。少しでいいから、もしかしたら自分にも当てはまる?・・・とか、いい考えだから見習ってみようかしら・・・とか思えたら最高なんじゃないかな。

「演奏は音楽のエネルギーの解放。だから奏者は聴き手と共有したくなる。多くの人に聴いてもらいたい、共有したいと思う」これは演奏の動機、事始めであると同時に、究極の目標でもあるような気がする。

演奏って、上達してゴール・・・という一直線というものではなく、サークルなのではないかと思うことがある。動機、譜読み、このような事始めがあり、そこには自分が感じたものを共有したいから練習するという想いがある。練習を重ねて、演奏の本番の時、それは練習の成果をミスなくこなすことではなく、最初に戻るんだ。他の人とも共有したい・・・という想いに。だから人前で緊張して、本番の会場が火事になればいいのに・・・と思いつつ、胃が痛くなりながらも一人舞台で弾くのだ。なので演奏って定規みたいな直線ではなく、完全なる円形になる。円の最初でつまづくと、例えば日本人の好きな(?)「どうせ自分は○○だから、それなりに・・・」スタンスで練習を始めてしまうと上手くいかないように思う。

さて、本番。舞台で一人・・・

パフさん、改めパユさんはどう言っているだろう?

「舞台でのその瞬間、その曲を世界で一番上手く演奏できるのは、あなただけなのだ・・・」

この言葉、いいねぇ・・・

でもそうだよね。舞台には自分一人なんだから。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

ふたりの日曜日 

 

個人的に平尾昌晃の曲で思い入れ(?)の深い曲がこれ。

当時のアイドル、天地真理に提供したこの曲。この曲はオリコンの1位ではなかったんですね。オリコン3位。3位なので大ヒットには違いないけれど、天地真理がオリコン1位を連発していた時だけに、谷間の一曲という印象がある。

とは言え、口ずさめる人、多いのではないかな?昭和歌謡だなぁ・・・と思う。天地真理のイメージにも合っている曲だと思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

二人でお酒を 

 

梓みちよ、「こんにちは赤ちゃん」の大ヒットで知られる。この曲のイメージ、いわゆる清純派のイメージが梓みちよには負担だったようだ。実際には10代の頃からお酒や煙草が大好きだったそうで・・・

梓みちよのイメージチェンジ、平尾昌晃が提供した、この曲からだったのではなかろうか?

この曲から連想するのは、小学校3年生説。平尾昌晃は作曲家、平尾貴四男の甥にあたる。もしかしたらクラシック畑ni進んだ可能性もあったと思うが、そうはならなかった。小学校3年生の時、ある将校から貰ったジャズのレコード、このレコードが平尾昌晃の運命を決めた。

「二人でお酒」という曲、どこか西洋っぽい雰囲気を感じたりする。五木ひろしに「よこはま・たそがれ」「夜空」を提供した人とは思えないような、どこか、いつもの歌謡曲とは雰囲気が異なるような?一枚のセピア色のジャズのレコード、小学生の時に出逢った西洋・・・そのようなものを感じる一曲だ。

梓みちよ、1943年生まれということだ。歌唱力と共に、その若さに驚く。この曲は平尾昌晃の名言をも連想させる。シンプルだけれど、とてもいい言葉だと思う。

「いつまでも青春」  平尾昌晃

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

瀬戸の花嫁 

 

この曲がヒットしたとき、僕は小学生だった。

「さあ、瀬戸の花嫁を歌いましょう」と音楽の授業で習ったことはない。誰かから教えてもらったこともない。でも何故か今でも歌える。小柳ルミ子のファンであったわけでもないのに。

この曲は高齢者たちも歌える。認知症の人も歌える。

これは昭和文化と言ってもいいのではないだろうか?

kaz




にほんブログ村



ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

霧の摩周湖 

 

作曲家の平尾昌晃が亡くなったのだそうだ。

弟子の一人、畑中葉子とのデュエット「カナダからの手紙」を思い浮かべる人は、我々の年代だと多いと思うけれど、他にもいい曲が沢山あったと思う。昭和を彩った名曲というのだろうか。

どの国にも歌謡曲のような、その国の人だったら知っているような曲はあるのだろうと思うが、日本の歌謡曲の特色としては、やはり高度経済成長期、つまり昭和40年代あたりから、一気に花開いたような、哀しい曲であっても時代は上昇していくんだ・・・という勢いのようなものがあったということだろうか。テレビの普及、世の中に歌謡曲が流れた。ファンだけではなく、誰でも聴いたことのある曲、歌謡曲というものは、日本の文化となった。

ピアノブログの世界では平尾昌晃の功績はスルーされてしまうかもしれない。

一つの文化が終わったような、そんな寂しさを感じる。その文化を現代は引き継いではいないという寂しさも感じている。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top