ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

表現先送り習慣 

 

某所で読んだのだが、ピティナのステップ、参加者は演奏の抱負というのだろうか、一言メッセージを書いて提出する。それが演奏前に読み上げられる。参加者のメッセージに多い言葉、それは「間違えないで弾きたいです」そして「強弱をちゃんとつけて演奏したいです」というものらしい。まあ、たしかに「ショパンを演奏します。ショパンの精霊と共に昇天してみたいです」などとは普通書かないだろう。

この「間違えない」「強弱をつける」という参加者の言葉から想像すると、楽譜というか、音符を読んで、形にしていって、一応つっかえたりしないで弾けるようになってから、強弱というものをつけてみる・・・のような手順が見えてくるようだ。まぁ、そうなのだ。あるパッセージを何度も止まりながら・・・では「まず弾けるようにしましょうよ」となるだろう。

この「間違えない」「強弱」というところに、もう一歩進んで「表現」というものも考えてみる。ここが指導でも、練習でも最も困難なところかもしれないなと思う。「そこ、つっかえないで」とか「もっと強く」のようなことは言えるけれど、表現が平坦とか、そのようなことは何故にそう聴こえるかの原因、解決、実践・・・というところまでを押さえなければならない。その難しさと共に、ピアノを弾く人にとっての上達王道というか、王道思考のようなものが存在していないだろうかと。「心を動かす演奏?そんなことは弾けるようになってから、さらに先のことだ」みたいな?ある演奏家の演奏のある部分にときめく。ああ。再現したい、自分もあのような世界に触れてみたい。そう思うことは、どこかその演奏家と自分とを同列に感じなければならないところもある。なんて不遜で生意気な・・・

ピアノを弾きたい、あるいは再開したい、そして○○という曲を弾いてみたいと感じた、そもそもの根源的な動機は「私も・・・」という部分ではないだろうか?「聴いた演奏家、プロのCDでしょ?まずそんなことよりも弾き方とか、ちゃんと弾くことが大事なのでは?実際自分はまだ弾けないんだから」と、かつての「萌え」というか動機を先送りしてしまう。

「間違えないで」「強弱をつける」「表現を考える」という手順、そこで忘れているものはないだろうか?それは、そもそもの動機とか、そもそもなぜ自分は・・・の部分の「萌え」の部分。自分なんかまだまだ・・・そうかもしれないが、ある理想サウンドにときめいたから、萌えたから弾いているのでは?常に自分の中の萌えサウンドと比較してパッセージ練習をする必要はないだろうか?弾けてから、つっかえなくなってから・・・ではなく。

「何度も練習しました~」「つっかえないで弾けるようになりました~」がゴールではなく、自分が、かつて萌えたサウンドと比較し、「こんなに現実的でガツンとした感じじゃなく・・・」と常に比較しながら地道練習をする必要はないだろうか?比較しているサウンドがフランソワだったり、ホロヴィッツだったとしたら、その人は生意気で不遜なのだろうか?

このマスタークラスの映像は以前にも紹介したようにも思う。生徒たちは選ばれた人たちなのか、非常に上手だ。もしここで弾いている生徒たちの演奏会を聴いたら「上手ね~」「ハイレベルね~」と思うだろう。でもヴェンゲーロフとは違うのだ。面白いことに、それは誰にでも感じることなのだ。「え~っ?クラシック?苦手なんだよな~」という人にも感じる差が存在している。

「才能じゃない?」それを言ってしまっては・・・という感じだが、僕なりに感じるのは、ヴェンゲーロフの演奏は、「萌え」・・・それは空中に漂っているような彼にとっての「萌え」の要素を絶対に逃していないということだ。その萌えを自分でサウンド化したかったから彼はヴァイオリニストになった・・・みたいな?萌えは空中に漂っていたり、楽譜の行間とよく言われる部分に存在したりするらしい。それを逃さない。「それ、僕のだ・・・」と。

これは「弾けてから」とか「プロだから」というような先送り事項なのだろうか?最初から存在しているべきものでは?

生徒の後にヴェンゲーロフが弾く。「ねえねえ、どうしてそんなに素敵なところを素通りしてしまうの?キャッチしようよ?ね?」

生徒には、ある戸惑いの表情。それは「えっ、私もやっていいの?」という・・・

その時のヴェンゲーロフの目は童(ワラベと読んで欲しい)のようだ。「えっ?やらなきゃ!やりたいからヴァイオリンを弾いているんでしょ?そうでしょ?」

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

老いていくではなく成熟していく・・・ 

 

芸能人の婚約会見、金屏風の前などで、指輪を見せながら。よくある光景だろうと思う。ここで決まったように質問されるのが、「お子様は何人の予定ですか?」という質問。笑顔で「二人ぐらいかな・・・」とか「野球チームができるくらい?」とか答える。大変に微笑ましい光景だと思う。この場で「子ども?私たち子どもは作りません」と答えたら、婚約以上の話題となるような気がする。

結婚=子どもという図式は世の習わしなのだろうか?そのような人たちが多いのだろうが、そう思わない人もいていいような気はする。多数派に対しての少数派、そのような図式が成り立ってしまうのは当然だとしても、少数派=異端という図式は違うのかなと思う。

慣れ・・・意外とあるのかも。昔からそういうものだったから、とか一般的にそれが普通なので・・・とか。そのようなものに慣れてしまう。

最近感じるのだが、幸福感のようなものは、自分自身で演出できるのではないかと。どうしても降り注いでくる困難なものに翻弄されてしまい、自分では何もコントロールできないような気になっているけれど、そうではなく、幸せって感じ方次第というか、意思でつかめるもの・・・

「ああ、悔しい。あの人ばかり何故?」「ああ、私は負け組。勝ち組の人っていい気になってない?」みたいなメンタルではなく、自分で幸せというものを演出するか、しないで諦めてしまっているか・・・

このことを自覚できる時は誰にでも公平にやってくる。それは死の直前。多くの人が「ああ、勇気を出して幸せになろうとすればよかった」と思うらしい。死の直前だと、あるいは不治の病を宣告されてからだと、その思いは後悔ということになってしまうだろう。

「普通は○○のように考えるものよ」「そんなことをすると世間様から色々言われるわよ」みたいなものを取っ払ったら、死の直前に後悔する確率は低くなるかもしれない。

浅田真央選手に対して、いい歳なんだから引退すればいいのに、こう言っていた人は、主に中高年の男性が多かったらしい。では、その人たちは自分の人生をどのようにプロデュースしているのだろう?幸せな輝く60代、70代人生を満喫しているのだろうか?そうも思えないところが哀しいというか面白いところだ。

「こうあるべき」というものを取っ払ってしまうといいのかもしれない。世間様は後ろ指を指すかもしれない。でも世間様は自分の幸せのために何かしてくれるわけでもない。

この動画、映画の広告なのだが、ピアノ仲間が紹介してくれたもの。これを見ながら「自分次第」みたいなことを考える。

人生は劇場で、自分はそこで演技をする・・・人生後半にこのように考えられるといいなと・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

空の魂を拾う 

 

誰にでも愛は降り注いでいる。でも、それが見えない時もある。周囲には愛が降り注いでいるのに、自分にだけはそれが感じられないと思ってしまう。羨んでしまったり、傷ついてしまったり、周囲を恨んでしまったり。世の中って、どこか切なさをも伴う。自分の人生にもかな。自分の人生が幸せに包まれていても、誰かの尊厳が踏みにじられたり、世界の中にそのような人が存在しているのを知るだけで、それだけでも切ないのだ。苦しくもなる。

切なさ、切ない魂って、空に舞っているのではないかな?

ある人は、その切なさを現世界の認識でも感じられるようなものにしたいと願う。音であったり、色や線であったり、文字であったり。音楽家は音で切ない魂を音楽としてこの世に表出した。それを実際に音として表した演奏家によって、空に舞っていた魂が、聴いていた、あなたに届いた。

「ああ、なんていい曲なの」「切ない曲、自分も弾けたらいいな」そう感じたからピアノを弾いている。ピアノっていいな、苦しいけれど弾くのはやめられないな、そう思うのは、空に舞っていた魂が、届いたから。

練習では弾けない箇所、困難なパッセージなどを弾けるようにする。でもそれは自分に届いた魂を、今度は自分で音として表現するための手段だ。目的ではないのだ。いつのまにか、日々の練習で手段が目的化してしまう。弾けなければ伝わらないので、そうなるのだが、伝えたいもの、表に出したいものは「練習成果」なのだろうか?かつて自分が「ああ・・・」と言葉にできずに泣いた音楽を自分なりに出す、放出することではないか?

日頃の練習で「成果」だけを気にする。「練習の時と同じに弾けますように」と願う。失敗はしたくない。でも本番の日に、いきなりファンタジーだの、音楽表現だの、切り替えられるものだろうか?パッセージではなく、長い練習期間、最初に貰った魂を大事にしてきただろうか?その練習はしてきただろうか?

「アマチュアなのでぇ・・・」「プロとは違うのでぇ・・・」「音大生ではないのでぇ・・・」たしかにそうだが、魂を受け取る感受性にプロもアマチュアもないのでは?人の人生に初級も上級もないのでは?「ああ・・・」と音楽を聴いて涙した、あなたにしか表現できない魂というものもあるのだ。感じた人、その人オンリーワンの魂・・・

魂は空に舞っている。それを音や言葉で具現化したいと思う人がいる。サウンドや詩、小説、映画、写真、絵画、様々な形で魂は何かしらのものとして我々に届く。届いた人はそれをキャッチしたのだ。

1960年代、洋楽って割と切ない歌が多い。切なさが沢山舞っていたのではないかな?世界中が分断していたのかもしれない。ベトナム戦争によって、切ない魂が沢山舞ったのだ。

それを音や詩にした人がいる。それを聴いて、その魂をキャッチした人がいる。

この歌を聴いて「哀しいな」「切ないな」・・・何かしら感じたのならば、魂を受け取ったのだ。今度は自分が自分なりに、世界のオンリーワンとして表出してみるのだ。

「いい曲だな・・・」それは出発点であり、目指す到達点でもあるのではないか?感じる心、キャッチする心にアマチュアとかプロとか・・・あるのだろうか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

映画とピアノ演奏の共通点 

 

映画とピアノ(に限らずだが)演奏って似ているところもあるように思う。ただ音符を並べているような演奏、ただストーリーだけを追っているような映画・・・

映画のストーリーって重要なのだと思うが、観る人の印象ってストーリーだけではなかったりする。もちろん音楽もだが、一言のセリフであったり、俳優の表情や舞台になっている風景とか、そのようなものが複合的に重なって「印象」として残るのではないか?

「慕情」はオペラ「蝶々夫人」と実話を基にしているらしい。実話が蝶々夫人のよう・・・というか?香港在住の英国と中国とのハーフである女性がアメリカ男性と恋に落ちる。男性は既婚。妻との愛は冷めていて別居中。でも本国の妻は「絶対に別れるもんですか!」みたいな?香港の二人、つまり不倫・・・ではあるわけです。この映画、主演の二人の魅力、そしてサミー・フェインのテーマ曲がなければ、たんなる「平凡な不倫物語」になっていたかもしれない。

サミー・フェインは、テーマ曲の根底にあるイメージとして「蝶々夫人」のアリア、「ある晴れた日に」を想定していたらしい。曲そのものは、あまり「似ている」とも感じないけれど。蝶々夫人のピンカートンは本国から妻を連れてきてしまうけれど、「慕情」では男が戦死してしまう。悲恋だねぇ・・・

二人の愛のシーン、そして、かつて逢引きした丘で、男の幻影を見る女、このあたりのシーンと音楽が非常にマッチしているように思う。

やはり「慕情」はマット・モンローの歌唱に惹かれる。感情が爆発しそうになるくらいに切々と歌い上げてくれるから。哀しみを上回る愛の讃歌・・・のような?

映画とピアノ演奏、似ていると思う。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

熟年パワー 

 

フォー・エイセスというグループ、実は解散したり消滅したりすることなく、現在も存在している。

「えっ、慕情のヒットが1955年でしょ?えっと今は2017年でしょ?えっ???」

むろん、メンバーの入れ替わりはある。でも1950年代から歌い続けているメンバーもいて、息の長いグループであることに違いはないだろう。

個人的には映画公開時のフォー・エイセスよりも、アダルトな魅力満載の、今のフォー・エイセスの方がいい・・・などと思う。声、若くないですか?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top