ピアノのある生活、ピアノと歩む人生

「ピアチェーレ」代表の私的ブログ

諸国民の中の正義の人 

 

下呂温泉から地図を下に辿っていくと、八百津町という小さな町がある。ここには杉原千畝の、これまた小さな記念館がある。杉原千畝は、最近でこそ彼の功績が映画化されたりして、多少は有名になった感があるが、少し前まではその名前すら知られていなかったのではないだろうか?

イスラエル政府は杉原千畝にヤド・ヴァシェム賞を与えている。勲章みたいなものであろうか?ヤド・ヴァシェム賞よりは「諸国民の中の正義の人」と表した方が分かりやすいかもしれない。ユダヤ人たちを、自分の命の危険さえ顧みずに助けた非ユダヤ人への功績を讃えた賞。日本人では唯一、杉原千畝だけが受賞している。この賞を授かった人、有名なのは、これも映画化されたオスカー・シンドラーあたりかと思う。

リトアニアのカウナス、ここの日本領事館の領事代理として多くのユダヤ人のためにヴィザを発行した。日本政府の正式な判断ではなく、杉原千畝の独断での発行だったらしい。これは外交官としては、ある意味失脚・・・を意味していたのかもしれない。それでもヴィザを発行した。映画の中でもこのようなセリフがあった。

「僕がすべてを失っても君はついてきてくれるかい?」妻の幸子に言うセリフだ。

カウナスに杉原千畝の記念館があるらしい。でもリトアニアは遠い。岐阜県は杉原千畝の故郷。だから記念館があるのだろう。旅の最後の訪問地に相応しいように思う。

戦後、日本の外務省は杉原千畝の功績を長い間認めなかった。杉原千畝という外交官の存在すら否定していたらしい。命を助けられたユダヤ人が戦後日本を訪ねてくる。「命の恩人なのです。生きていたらまた会いましょうと約束しました。これが彼が書いてくれたヴィザです。今彼はどこにいるのでしょう?」外務省の答えは「センポ・スギハラなどという人物は存在しません」というものだった。

チウネという名前が外国人には発音しにくいだろうと、彼はよく「センポと呼んでくれ」と言っていたらしい。千畝をセンポ・・・と。外務省としては、本名ではないのだから「そんな人物は存在しない」と答えたのだろうか?お役所とはそういうものなのか?分かりそうなものじゃないか?おそらく訪ねてきたユダヤ人たちはカウナスの領事館というような情報は言っていたはずだ。

杉原千畝の存在が長い間知られていなかったのには、日本側の対応にも理由がありそうだ。日本政府が杉原千畝の功績を正式に認めたのは、なんと2000年ということだ。戦後何年経っているというのだろう?

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: 0

△top

諏訪湖の謎 

 

来月の旅行、初めは飛騨高山、下呂温泉という岐阜方面だけの予定だった。下呂温泉は日本三大名湯の一つだし、飛騨高山には古い街並みも残っているとか。飛騨牛も美味しそう。

東京から飛騨地方へは車だと中央自動車道を使って松本IC経由で一般道・・・というルートが一般的だろうと思う。諏訪湖は初め予定にはなかった。

たしか「ああ、野麦峠」という映画で有名になったと思うのだが、諏訪湖は、かつての女工哀史と関連が深い。飛騨地方から少女たちが徒歩で諏訪湖畔の岡谷という街の工場に働きにきていた。飛騨が恋しくなると、諏訪湖に佇んでいたのかなぁ・・・などと思う。さらに諏訪湖には謎があるのだ。諏訪湖は飛騨地方に行く途中にあるし、謎というよりは古代のロマンを感じながら湖畔に佇んでみるのもいいかもしれない。そう思ったのだ。

ニューヨーク時代のルームメイトはユダヤ系ポーランド人だった。こちらは英語でさえ四苦八苦しているのに、彼は何か国語も堪能だった。英語とポーランド語の本を読んでいることが多かったように思うが、ちょっと変わった文字の本を読んでいることもあった。蛇がのたうち回るような、そんな文字だった。

「それって?」「ああ、これはヘブライ語だよ」

なんとなくアラブ諸国の文字、ギリシャの文字のようだと思った。そのヘブライ語堪能の彼が、僕の日本語の本を見てこう言ったのだ。

「それ、日本語の本かい?」「ああ、日本語だよ」「なんだかヘブライ語と文字の形が似ていないかい?」

彼は漢字ではなく、平仮名や片仮名を指さし、「やっぱり似てるよ」と言った。僕は日本語の文字がヘブライ語の文字と似ているとは思えなかったが、彼はそう感じたらしい。「とても興味深いね。そもそも日本の文字は中国からだろう?ヘブライ語の文字と似ているなんて不思議だな」「ええ・・・?似てるかなぁ???」

諏訪信仰、その大元締めである湖畔の諏訪大社。なんとユダヤの文化とつながりがあるらしい。

「本当か?」

この動画を観て、「ああ、そうだったんだぁ!」と百パーセント信じる気にはなれないところもある。バラエティー番組というのがちょっと・・・と思う。でも壮大なるロマンではないだろうか?

真相究明というものは僕にとって重要だろうか?謎とロマンを感じながら諏訪湖の湖畔に佇む方が幸せなのではないだろうか?少なくとも楽しそうではある。

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 1

△top

ピアノブログから旅行ブログへ・・・ 

 

このブログを立ち上げる時、ちょっと迷ったことがある。「ピアノブログを書こうか、それとも高級旅館ブログにしようか?」ということ。身分不相応なのは充分、分かってはいるのだが、高級旅館滞在が好き。僕の収入で京都の御三家に宿泊するなんて、本当はありえないことだと思うが、でも趣味・・・なんだよね。修善寺の「あさば」などもいいなと思うけれど、個人的に好きな宿は飯坂温泉の「御宿かわせみ」という福島県の旅館。なぜかここが好き。

なぜにピアノブログにしたのかというと、基本的に僕は「~しました」的な文章が苦手。旅館滞在記って旅行記みたいになるので、僕は書けない。小学生の作文のような文章になってしまう。「これは夕食の焼き物です。おいしかったです」「これが露天風呂。気持ち良かったです」みたいな?あとは、ブログにするとなると、いちいち写真を撮らなければならない。これが面倒。皆さん、全部撮影していますよね?到着から部屋の水回りから食事から全部。これはとても僕にはできない。

でも人のブログを読むのは好き。ピアノブログよりも旅館ブログを徘徊することのほうが多い。何人か、そのようなブログのブロガーともネット上の知り合いだったりする。情報交換をするわけです。「ここはいいよ~」とか・・・

来月、諏訪湖方面に旅行する予定。諏訪信仰とユダヤ教との密接なつながりに興味を持ったので。諏訪湖だけを訪れるわけではないが、諏訪湖の宿に宿泊と考えるのが普通だろう。でも好みの宿がなかなかない。諏訪湖ビューの大規模な宿が多かったりする。個人的にはこじんまりとした宿が好き。部屋数10~20ぐらいの・・・

「諏訪湖ねぇ?あまり知らないな・・・」「あのあたりって山中湖とか河口湖のような感じなんじゃない?観光旅館のような?」旅館ブロガーたちはそう言う。小規模で落ち着いていて、それなりに非日常性を演出してくれていて・・・子どもが走り回っていないような旅館、団体さんが宴会していないような旅館。

「それだったら蓼科にしたら?諏訪からも遠くないし・・・」

ブロガーたちのお勧め宿は一致していて「たてしな藍」という旅館。そこを予約した。

「たてしな藍だったら、そこから近いところに是非行ってみたらいいと思う場所がある。池なんだけどね・・・」「池???」

調べてみると、ため池らしい。周囲には何もなく池だけ。「ため池かぁ・・・」

でもこれを見たら行きたくなってしまった。

ピアノブログではなく旅行ブログを書こうかな・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: 未分類

tb: --   cm: 2

△top

こだわり 

 

この動画は異国の方がアップしたもののようだ。3本の映画のシーンが集められている。「彼岸花」「お早う」「秋日和」の3本。

こうして短いシーンを寄せ集めたものを見てみると、小津監督の「赤い色」へのこだわり、執着がより分かるような気がしてくる。赤い色に限らず、小津監督が執着した、格子柄、縦縞、浦野着物のオンパレード。色だけではなく「丸」とか「菱形」のような形にもこだわりがあったのが分かる。

ここまで徹底されると、小津美意識が画面に出てくるたび、観ているこちらとしては「出たぁ・・・」と歓声をあげたくなってきてしまうほどだ。

個人的に「出たぁ・・・」と思うのが、「彼岸花」での山本富士子が着ている浦野着物。八掛が目を奪うような赤で、彼女が歩くたびに赤がチラチラと見える。効果的だなと思う。赤い着物を着せるのではないのね・・・

あとは、「秋日和」でのアパートでの母子会話シーン。司葉子も原節子も綺麗だな・・・とは思うけれど、それよりもテーブルの上に乗っている洋菓子の包み紙。コロンバン・・・だろうか?そのトリコロール柄に合わせたように、トリコロール柄のタオルが後ろにかかっている。「出たぁ・・・」


「リンゴの絵を描いていて、うまくいかないからといって、柿や桃を描き始めるようじゃダメだよ。うまくいってもいかなくても・・・。私はそういう人しか信用しない」

小津安二郎が若き頃の若尾文子に言った言葉なのだそうだ。

この言葉にも惹かれる。

「悲しい時に楽しかった日を思い出すほど悲しいことはない」 小津安二郎

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: kinema

tb: --   cm: 0

△top

赤いヤカン式譜読み 

 

楽譜を読むって難しい。行為そのものもだが、概念が難しい。印刷された音符類を、ただ鍵盤に移して音にしていく、つまり「ドとソね、これは二拍伸ばして、ここは休符だからお休みして・・・」のようなことだけをツラツラ続けていっても音並びはできてくるけれど、曲にはならない。この部分での落ちというものは、よく「音楽性」のようなものの欠如として語られる。あたかも機械的な読譜を完了させてから、アッハーン、ウッフーンと曖昧なる音楽性というものを吹き込むというか、上書きするかのような?それが足りないからいけないのだと。

ただ音符を並べてはいけません、このことはピアノのレッスンでも指摘されることでもあり、自分でもなんとなく自覚はしている場合が多い。そこで走ってしまうのが、「アナリーゼ」というもの。楽譜にビッチリと和音記号とか、形式、主題がどうとか、書き込む。これは例えば、隠された対旋律のようなものを拾うという意味では重要だと思うし、ただの音の羅列ではなく、曲を大きく捉えるという意味で、練習の出発点ともなるようなものとも思う。では表面的なアナリーゼだけをすれば音楽的に演奏できるのか?

「楽理の本、和声の本、勉強したよ、全部調べたよ?でも音楽的というか、聴いている人の心を捉える演奏はできない」と悩んでいる人も多そうだ。

音符連なりのエネルギー、意味のようなものを感じるということなのかもしれない。ド~ラであれば、ド~ミよりもエネルギーはあるはずだし、長い音符は長いという意味があるはずだ。同じ音、音型が連続しているのであれば、エネルギーをそこで変化させず、持続するとか・・・そのようなこと。

でも、これって本からというよりは、感じることが大切のような?音符を楽譜として読むことに慣れるというか?

昔から小津映画は観ていた。でも今一つ、その魅力が分からなかった。ストーリーそのものは平々凡々としたものだ。娘を嫁に出す・・・とか、そのような話。我々凡人の方が、小津映画の登場人物、ワンシーンよりもドラマティックなのではないかとさえ思う。「どうして世界の小津・・・なのだろう?」そこのところが分からなかった。表面的に観ると、そこには何もないというか?

「もしかしたらこれは・・・」と初めて感じたのが、「彼岸花」という映画。この映画は小津映画初の総天然色、つまりカラーの映画ということになる。ここで色、特に小津監督がこだわったとされる赤い色に気づいたのだ。

赤いヤカンは無造作に畳の上に置かれている。ヤカンは台所のコンロの上にあるのが普通だ。でも赤いヤカンに物凄くインパクトを感じたのだ。洋室のカーテンは格子柄で統一されていたり、和物は縦の縞模様だったり。どの映画でもそうなのだ。そのような細部のこだわり、美意識に気づいた。

女性が着ている着物、これも統一されている。帯は必ず無地だ。すべて浦野理一という人の着物らしい。お花とか蝶々のような柄ではなく、いつも幾何学的な美を感じさせる。どの登場人物も同じような着物を着ている。現実にはありえない。でも統一感、小津の世界が広がっていく。

この動画は「彼岸花」のワンシーン。本当に日常的な一コマだ。夫婦の言い争い。言い争いとまでいかないような小さな出来事だ。まず赤いヤカンが登場している。凄くヤカンの色のインパクトを感じる。背景はすっきりしている(浦野理一の着物も含めて)。典型的なスッキリとした日本間だ。でもチラリチラリと色が見える。

「言いたいことがあったら言えばいいじゃないか?」夫の言葉に妻は夫の背広をポンと投げ、座りなおす。それまでは横向きに近いアングルで妻は座っていたのだが、ここで正面を向く。ここで浦野理一の無地の帯の色、緑が強調されるのだ。背景には妻の持ち物であろう化粧水が。それまでもこの化粧水の瓶は映っていたのだが、ここで帯と化粧水の緑が同化し、「妻」というものを存在づけるのだ。凄い・・・と思う。

言い争いのやや重い空気の中、娘が帰宅する。当時としても古風すぎるような洋装だが、赤いバックを持っている。若いから、その赤いバックを振り回したりするのだ。そこに赤いヤカン。動かないヤカンは夫婦そのもの、安定そのもの、動くバックは若さ・・・ではないだろうか?

典型的な日本間、平凡な日本間に見えるけれど、障子の欄間というのも珍しいのではないか?電燈の笠とデザイン的な一致があるのでは?これは赤という色、縦じまの小物、浦野理一の着物と同じく、小津監督の美意識であり、表面的にサッと見ると、そこまでは気づかない。表面的には小津映画は平凡なシーンの連続なのだ。

楽譜を読むということも、同じようなことなのではないか?表面的にだと、気づかないような美意識を感じ取れるようにしていく・・・

赤いヤカンの効果のように・・・

kaz




にほんブログ村


ピアノランキング

category: kinema

tb: --   cm: 2

△top